« 前  

2014年5月14日(水)

  次 »
  • グレン・グリーンウォルドとの長時間インタビューの第2部をお届けします。まず、彼がNSA内部告発者エドワード・スノーデンとの最初に会った時のことを語ります。グリーンウォルドと映画監督ローラ・ポイトラスは2013年6月、香港に滞在していたスノーデンと最初に会い、米国家安全保障局(NSA)の巨大な監視体制を、世界に暴露する一連の記事を発表したジャーナリストです。グリーンウォルドは新刊『暴露 スノーデンが私に託したファイル』を出版したばかりです。彼はスノーデンに最初に会った時のことを次のように語ります。「問題は、君をどうやって見分けるかということだ、と私は言いました。我々は君について何も知らない。年齢も、外見も、人種も、性別ですらわからない。するとスノーデンは、『左手にリュービックキューブを持ってますから、分かりますよ』と言いました。実際彼は、リュービックキューブを持って我々のほうに歩み寄り、自己紹介をしました。これが我々が彼に最初に会ったときのシーンです」

  • グレン・グリーンウォルドへの長時間インタビューの締めくくりとして、ピューリッツァー賞受賞について、また彼が報道したエドワード・スノーデンのNSA漏えい文書に対して、敵対的な態度をとったジャーナリスムと企業メディアの反応について振り返ってもらいます。「一つや二つだけでなく、何十もの記事を発表し始めると、政府だけでなく、同僚のジャーナリストたちまでもが、次第に我々に敵対的な態度と取り始め、『これはもはやジャーナリズムではない』と言いました。なぜなら、彼らのジャーナリスムとはこういう報道をしないことだからです、とグリーンウォルドはいいます。「つまり我々の報道は、政府を保護するという暗黙の規則に従がっていないのです」

Syndicate content