« 前  

2014年4月18日(金)

  次 »
  • 20世紀最大の小説家で著述家の一人が亡くなりました。コロンビアの作家、ガブリエル・ガルシア=マルケスが17日、メキシコで逝去しました。享年87でした。スペイン語の本で、ガルシア=マルケスの本よりもたくさん売れているのは聖書だけと言われています。彼は、ラテンアメリカでは、愛情をこめて「ガボ」とも呼ばれていました。著書の『百年の孤独』は、魔術的リアリズムと呼ばれるジャンルの文学で、傑作のひとつと評価され、1982年にノーベル文学賞を受賞しました。スウェーデン・アカデミーは、同書を「幻想と現実が融合して豊かな想像の世界を構成し、南アメリカ大陸の暮らしと葛藤を映し出している」と述べました。この名作の執筆について彼自らが語った映像をお届けします。

  • 独占インタビューで、チリの小説家イサベル・アジェンデは、亡くなった作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの生涯と遺産を追悼します。文学史に残る傑作『百年の孤独』を朗読し、ガルシア=マルケスがラテンアメリカはもちろん全世界の思想家と作家に何世代にもわたり、いかに影響を与えたかを語ります。「巨匠中の巨匠でした。ある意味で、彼は読者を征服し、世界を征服しました。そして世界に向けて我々、ラテンアメリカ人とはなにものかを語った。彼の本の中で、私たちは鏡に映った自分を目にしたのです」。アジェンデは、『百年の孤独』を初めて読んだ時のこと、そしてそれがどんな影響を及ぼしたか、述べます。「まるで、誰かが私の物語を語っているようでした」。ガルシア=マルケスが自作について語るビデオもお届けし、番組の共同司会者フアン・ゴンザレスが『迷宮の将軍』を朗読します。

Syndicate content