« 前  

2014年4月1日(火)

  次 »
  • ニューメキシコ州アルバカーキでは、警察による発砲事件が立て続けに起きていますが、一番最近起きた同様の事件のあと激しい抗議が巻き起こっています。警察のヘルメットに装着されたカメラで撮影された映像は、複数の警官が、ホームレスの男ジェームス・ボイドを殺害する場面が映っています。ボイドは野営していたその場所で、警官に降伏しているように見えています。ボイドが自分の所持品を拾い上げ、向きを変えると、警官らは照明手榴弾を投げつけ、数ヤード先から彼に向けて6発の実弾を発砲しました。アルバカーキ警察署は2010年以来、37件の発砲を起こし、そのうち23件で死者が発生、現在連邦政府による調査を受けています。連邦捜査局(FBI)は4月第1週、ボイドの殺害について調査していることを認めました。また、司法省はすでに同市の警察の発砲事件について1年以上調査しています。AP通信の記者で、3月30日の抗議行動を取材中に催涙ガスを浴びせられ、同警察の複数の発砲事件を追っているラッセル・コントレラスに話を聞きます。社会正義活動家のノラ・タチアス=アナヤからも話を聞きます。彼女の甥であるジョージ・レビー・タチアスは1988年、運転中に警察に射殺されました。タチアス=アナヤは「警察による暴力をとめよう10月22日連合」(the October 22 Coalition To Stop Police Brutality)のメンバーです。

  • ニューヨーク市のライカーズ島の施設で2人の囚人が死亡したことを受け、拘置所と刑務所が独房監禁の使用を改革することへの高まる圧力について検証します。独房が下水で水浸しになったときに支給された洗剤1袋を食べて死亡した、精神障害を持つライカー島の囚人ジェイソン・エケバリアの公民権を侵害したとして、刑務官のひとりが、3月5週に逮捕されました。このような事件で逮捕者が出たのは、過去10年以上で初めてのことです。3月にはまた、精神病のホームレスの退役軍人であるジェローム・マードフが、15分毎に点検を受けることになっていた精神監視独房で死亡しました。当局者はAP通信に対し、マードフは独房の気温が急上昇したことで「焼け死んだ」と話しました。エケバリアの父親で、息子のために正義を求めて抗議活動をしているラモン・エケバリアと、ライカー島の独房に収監されていた元囚人のファイブ・ムアリマクに話を聞きます。また、刑務所制度の内側で改革を求めている2人のゲストからも話を聞きます。刑務所内での暴力減少を助けている精神科医のジェームス・ギリガン博士と、テキサス州の刑務官を代表する団体である「テキサス刑務官」(Texas Correctional Employees)の代表ランス・ローリーです。ローリーはテキサス州に対し、死刑囚官房を含む独房の使用を減らすことを求めています。「動物園の飼育係ですら、我々が人間を入れているような施設に動物園の動物たちを入れることを許可されていません」とギリガン博士は言います。「我々は自己達成的予言と呼ばれる状況を創り出しました。こうした人たちは動物だ、彼らは動物のように振舞うだろう、だから我々は彼らを動物のように扱う、そして彼らは動物のようになるのです」。

  • 2014年初頭に自宅のあるアリゾナ州からメキシコに強制送還されたハイメ・バルデスから、米国への再入国を目指す彼の現在の取り組みについて話を聞きます。バルデスは、米国の移民政策へ抗議するため「フェニックス入国・税関管理局」(Phoenix offices of Immigration and Customs Enforcement)で彼の家族が参加したハンガーストライキへの報復として強制送還されたと言います。「私の家族は全員アメリカにいます。だから私は戻ろうとしています」とバルデスは言います。「我々は、強制送還を止め、移民こう留センターでの差別と不正を止めようというメッセージを大統領に届けようとしています」。彼と別の移民は4月1日、現在「米国カトリック司教協議会」(the U.S. Conference of Catholic Bishops)が国境警備隊と移民を訪問するために3日間のツアーを行っているメキシコ国境の町ノガレスの検問所を越え、彼らの家族に再会することを願っています。

Syndicate content