« 前  

2014年3月13日(木)

  次 »
  • ニューヨークのビル・デブラシオ市長が民間運営のチャーター・スクール3校が公立学校内の教室を無料で使用することを却下したことを受けて、チャーター・スクール制度を巡る戦いが加熱しています。ニューヨーク市はまた、チャーター・スクール設立予算を2億1000万ドル削減、それを小学校入学前のすべての子供を対象とした幼稚園教育と、放課後プログラムのために使うと発表しました。この動きは同市及び全米で激しい論議を巻き起こしただけでなく、デブラシオ市長を民主党の同胞アンドリュー・クオモ、ニューヨーク州知事と対立させる原因ともなっています。公立校の元教師ブライアン・ジョーンズと、チャーター・スクールのネットワーク組織である「グリーン・ドット・パブリック・スクールズ」(Green Dot Public Schools)を創設したスティーブ・バーに話を聞きます。

  • オバマ政権下の国外追放者数が200万人へと近づき、共和党による妨害で移民法改正が遅れるなか、無届け移民たちは市民的不服従活動を通して抵抗しています。3月第2週、米-メキシコ国境に、無届け移民の若者とその家族の一団が米国への再入国を試みるのを支援するため、数百名が集まりました。そのずっと北にあるワシントン州タコマでは、ノースウエスト収容センター(Northwest Detention Center)で750名もの収容者が始めたハンガー・ストライキが6日目に入りました。この移民関税執行局(Immigration and Customs Enforcement)が使用している民間運営の施設は、ジオ・グループ(GEO Group)が所有しています。ハンスト参加者は、記録的国外追放と、収容者1人に対し1日1ドルしか支給されない勾留施設の環境に抗議するとしています。自身無届け移民で「ラティーノを支援する会」(Latino Advocacy)の活動家マル・モラ・ヴィリャルパンドに、シアトルより話を聞きます。

  • ノースイースタン大学では、「パレスチナへの正義を求める大学生の会」(Students for Justice in Palestine)同大学支部が、パレスチナ支援運動のための組織を起こし処分された学生グループの、最新ケースとなりました。ノースイースタン大学は同グループを2015年まで活動停止処分とし、キャンパス内でのミーティング禁止及び、大学からの財的支援剥奪としました。この動きは、「イスラエルによるアパルトヘイト週間」(Israeli Apartheid Week)中に、学生活動家がキャンパスで立ち退き命令に似せたビラを配った数週間後のことでした。そのビラは、イスラエルによるパレスチナ人への自宅解体又は差し押さえ通告書の真似のつもりだったといいます。ノースイースタン大学「パレスチナへの正義を求める大学生の会」のメンバー、マックス・ゲラーと、「電子インティファーダ」(The Electronic Intifada)の共同創設者で、新著The Battle for Justice in Palestine(『パレスチナへの正義を求める戦い』)を執筆したアリ・アブニマに話を聞きます。同書にはThe War on Campus(『大学キャンパス戦争』)と題された章もあります。

Syndicate content