« 前  

2014年3月6日(木)

  次 »
  • オバマ大統領が指名した米司法省公民権部門部長候補、デボ・アデグブレの承認投票で、数人の米上院の民主党議員が共和党側につくという驚きの結果となりました。承認を巡る議論は、アデグブレが、フィラデルフィアの警察官殺しで有罪となり収監されているブラックパンサー・メンバー、ムミア・アブ=ジャマルの弁護でどのような役割を担ったかというほぼ1点に絞られました。アブ=ジャマルは長いこと無実を主張しています。アデグブレは、裁判当時の判事による陪審への指示がアブ=ジャマルの権利を侵害したとの主張を通すことに成功した、全米黒人地位向上協会(NAACP)法的弁護基金(Legal Defense Fund)の弁護士チームの一員でした。アデグブレの支持者は、彼への攻撃はウィリー・ホートン・キャンペーン(1988年大統領選で共和党が行った人種偏見を煽ることを利用した政治キャンペーン)の再来だ言います。この論争について2人のゲストに話しを聞きます。ニューヨーク市立大学バルーク校CUNY(Baruch College-CUNY)の歴史教授で、「ムミアを連れ戻そうキャンペーン」(Campaign to Bring Mumia Home)のコーディネーターも務めるジョハナ・フェルナンデスと、NAACP法的弁護基金理事長で、教育基金(Educational Fund)の政治パートナーシップ・グループのライアン・ヘイグッドです。

  • 作家、活動家、学者として世界的に有名なアンジェラ・デイヴィスは、過去40年以上、米国で最も影響力のある活動家で知識人でありつづけてきました。70年代の黒人解放運動の象徴だったデイヴィスは、ジェンダー、人種、階級、刑務所問題などに取り組み、数世代に渡り批判的思想と社会運動に影響を及ぼしています。彼女は刑務所廃止の先導的提唱者ですが、それは40年以上前に、FBIの最重要指名手配者トップ10の逃亡者であった自身の経験に根ざしています。カリフォルニア大学サンタクルーズ校名誉教授で、最近Free Angela and All Political Prisoners(『アンジェラと全ての政治犯解放を』)というドキュメンタリー映画の主題ともなったデイヴィスに、刑務所廃止、大量投獄、いわゆる「麻薬戦争」、国際婦人デー、そしてオバマの2期目は、1期目よりも大きな社会運動の波が起こるべきだとする理由について語ってもらいます。インタビューのパート2はこちら(http://www.democracynow.org/blog/2014/3/6/part_2_angela_davis_on_solitary

Syndicate content