« 前  

2013年11月5日(火)

  次 »
  • アカデミー賞を3度受賞した映画監督、プロデューサー、脚本家のオリバー・ストーンに、11月22日のジョン・F・ケネディ大統領暗殺50周年について時間いっぱい話を聞きます。ストーンは大ヒット映画『JFK』でこの事件を描きました。ベトナム戦争帰還兵であるストーンは、『プラトーン』、『サルバドル/遥かなる日々』、『7月4日に生まれて』、『ニクソン』、『国境の南』、『ウォール・ストリート』など約20数本の傑作ハリウッド映画を製作してきました。11月第2週には『JFK』の記念版が発売になります。最近ストーンは、米テレビ局Showtimeのために10編から成るシリーズOliver Stone’s Untold History of the United States(『オリバー・ストーンの語られざる米国史』)の脚本を共同執筆し、同じ題名の解説本をアメリカン大学の歴史学教授で核研究所所長のピーター・クズニックと共同執筆しました。

  • 映画監督、プロデューサー、脚本家のオリバー・ストーンに、彼の次回作であるジェイミー・フォックス主演のマーティン・ルーサー・キング牧師の伝記映画について話を聞きます。ストーンはキング牧師の遺産管理団体の協力を得て、この映画の脚本を執筆しています。「彼は私たちのガンジーでした」と、ストーンは言います。「彼は公民権について率直な意見を述べただけでなく、それを越えて、軍国主義、拝金主義、ベトナム戦争についても声高に反対しました」。ストーンはこれまでに約20数本の映画を製作し、アカデミー賞を3度受賞しました。最近ストーンは、米テレビ局Showtimeのために10編から成るシリーズOliver Stone’s Untold History of the United States(『オリバー・ストーンの語られざる米国史』)の脚本を共同執筆しました。

Syndicate content