« 前  

2013年8月22日(木)

  次 »
  • 米陸軍ブラッドリー・マニング上等兵は8月21日、イラクとアフガニスタンでの戦争、及び米国の外交政策に関する70万点以上の機密文書とビデオをウィキリークスに漏らした罪で、禁固35年の判決を言い渡され、軍より不名誉除隊されました。この判決は、過去にメディアに情報を漏らしたどの国家公務員に対する処罰よりも、大幅に長いものです。7年ほど経てば、マニングは仮釈放される可能性もあります。判決を言い渡された直後に発表した声明で、マニングはオバマ大統領に恩赦を求めました。「機密情報を公開しようと決めたのは、祖国への愛と人々への義務感からでした」と、弁護士のデビッド・クームズが読み上げたマニングの声明にはあります。「恩赦を却下された場合は、自由な社会で暮らすためには、ときに高い対価を払わなければならないのだと考えながら服役します」

  • 8月21日ブラッドリー・マニング上等兵が禁固刑35年の判決を言い渡された直後、マニングが性転換を発表する前、独立系ジャーナリスト、アレクサ・オブライエンが、マニングの弁護を務めたデビッド・クームズに、同訴訟についての初のインタビューを行いました。オブライエンは、マニング裁判をすべて取材した数少ないジャーナリストの一人で、裁判記録を一番に一般に公開してきました。デモクラシー・ナウ!はこのインタビューを独占放送します。クームズ弁護士は米政府がいかに機密情報を利用したかについて、判決に対するマニングの反応について、そして裁判のどれだけの部分が一般の目から隠されているかについて語ります。「実際にこのような量刑が課されるとは信じられません」とクームズ弁護士はオブライエン記者に言います。「非公開の審理を含め、すべての審理に出席して、すべての証拠を聞いたとしても、禁固刑35年の処罰を妥当とできるような証拠はありませんよ。仮に実際の被害があり、マニングが本気で米国を傷つけるつもりで、あるいは機密情報を売って個人的に利益を得ようとしていたのだったら、どのような量刑になったのかと考えてしまいます。マニングには真の意図があったんです。彼はアメリカのためになることをするつもりだった。彼は人々に、イラクで起っていることを考えて欲しいと思っていた。マニングの行動の裏には邪悪な目的はなかったのです」

  • ブラッドリー・マニング被告の弁護を務めたデビッド・クームズは声明を読み上げ、マニングが女性へのジェンダーの転換を行い、名前もチェルシー・マニングに変更すると発表しました。「人生の次の段階に移行するにあたり、みなさんに本当の私を知ってもらいたいと思います」とマニングは発表しました。「私の名前はチェルシー・マニング。私は女性です。自分の気持ち、子どもの頃から感じていたことに従い、できるだけ早くホルモン療法をはじめたいと思っています。この変化について皆さんに私を支持してもらいたい。」クームズ弁護士によれば、マニングは自分の性的アイデンティティの問題を公表するつもりありませんでしたが、2010年の逮捕のあとそれが表に出てしまったといいます。

Syndicate content