« 前  

2013年8月19日(月)

  次 »
  • エジプトは、その近代史で最も残忍な時代の中、大規模な暴力が続いています。エジプト軍が5日前にムスリム同胞団のデモ隊野営地を襲撃して以降、約900人が死亡しています。16日に行われたムスリム同胞団によるデモ「怒りの日」(Day of Rage)では少なくとも173人が死亡、また続く17日にも79人が死亡しました。この暴力で警官と兵士90人近くが死亡しましたが、犠牲者の大半は、ムスリム同胞団と追放されたモルシ大統領のイスラム教支持者らです。18日には、看守の証言によると移送中に脱走しようとした囚人少なくとも36人がカイロで死亡しました。しかしムスリム同胞団は、国の治安部隊が「冷血な殺人を行った」と責め、国際的な調査を要求しています。そして19日未明、シナイ北部で武装集団の襲撃により、少なくとも24人の警官が死亡したと報告されています。「新たな恐怖は毎日のように訪れています。エジプト国民が今まで想像したこともないような悪夢のような光景がここにはあります」と、デモクラシー・ナウ!特派員のシャリフ・アブゥル・クドゥースはカイロから報告します。「多くの人が知っているカイロではありません。両者が状況の激化を宣言したため、今後状況が悪化するのは確実です」

  • エジプトのかつての独裁者ホスニ・ムバラクが今週釈放される可能性があるとの報道が出る中、高名なエジプト人作家アーダフ・スエイフに話を聞きます。2011年のタハリール広場の有力支持者だったスエイフは、エジプトの革命の現状と深刻化する分裂について話します。「我々が経験した最も残念なことは、かつて革命とされ、進歩的でリベラルとされた一連の流れが完全に軍と警察に支えられ、承認され、軍と警察をけしかけ、 そして徹底的に容赦なく、ムスリム同胞団とイスラム主義者を悪者扱いしています。これが暴力の激化が起きた原因の1つだと私は思います。あたかもみんなが期待されている役割どおりにふるまっているかのようです」とカイロからスイエフは語ります。また、デモクラシー・ナウ!特派員シャリフ・アブゥル・クドゥースと中東研究と情報プロジェクト(Middle East Research and Information Project)理事長のクリス・テンシングに話をききます。

  • ウィスコンシン州の共和党知事スコット・ウォーカーに抗議して州議会議事堂で続いている「連帯の歌の集い」(Solidarity Sing Along)で、これまでに200人以上が拘束されました。15日には、プログレッシブ誌の編集者で発行者のマシュー・ロスチャイルドが抗議行動の取材中に身柄を拘束されました。大広間で歌ったとして拘束されたデモ参加者を写真撮影したロスチャイルドは、微罪と身柄拘束への抵抗の容疑をかけられました。

Syndicate content