« 前  

2013年6月10日(月)

  次 »
  • 元CIA職員のエドワード・スノーデンは、国家安全保障局(NSA)と米監視プログラムについて驚くべき事実を明かした内部告発者であると名乗り出ました。3週間前、29歳の彼は、民間コンサルティング会社ブーズ・アレン・ハミルトンのもとで勤務していたNSAハワイ事務局内での仕事を辞めました。現在、彼は香港にいますが、いつか故郷に戻れることがあるのか、わかりません。英紙ガーディアンによるインタビュー動画の中で、スノーデンは、米政府が無実の人々を過度に監視していることに警鐘を鳴らすため、NSAの監視プログラムの極秘情報を暴露したと語っています。「何も悪いことをしていなくても、私たちは見られ、記録されているのです」とスノーデンは語っています。「そして、このシステムの保管容量は毎年かなりの規模で増え続けていて、何も悪いことをしていなくても、たとえ間違い電話だけでも、最終的には誰かから疑いをかけられるだけで、当局はこのシステムで過去にさかのぼり、あなたが今までした様々な決断、あなたが何か議論をした友達を色々と詮索をして、それをもとに、無実の人の人生から容疑を作り出してどんな人でも悪者かのように描き、あなたを攻撃するのです。世間は、このプログラムと政策が正しいのか間違っているのか、判断しなくてはいけません」

  • エドワード・スノーデンがNSA内部告発者として名乗り出てその詳細を語った香港から、英紙ガーディアンのコラムニスト、グレン・グリーンウォルドに、スノーデンの取った行動と彼が暴露した米政府監視プログラムの様々な情報について話を聞きます。「この大規模監視機構は、米国内で徐々に構築されています。これは既に、数千万人の米国民だけでなく、地球上の何億、もしかしたら何十億もの人びとの会話やその他の行動を監視して記録するという極めて侵害的な能力を持っています。このような能力を米政府に持ってもらいたいという主張が一方にはあるでしょう。ですが、公表されず、議論も行われず、説明責任もないままこれが構築されるのを許すことは、また別問題です。(スノーデンが)表に立った最終的な理由と、我々が取材に動いた最終的な理由は、 この驚くほどに間接的な(監視)社会がいったいなんであるのか、そして我が国と世界の両方に与える影響について、焦点を当てる必要があったからです」ととグリーンウォルドは語ります。

  • ジェームズ・クラッパー米国家情報長官は、最近の情報漏えいが「我々の諜報能力に多大な損害を与える」おそれがあると警告しています。米国家安全保障局の元高官ウィリアム・ビニーと、英紙ガーディアンの記者で、NSAによる監視の記事を発表したグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。ビニーはNSAに40年勤務しましたが、9.11発生後、拡大する国内監視を懸念し、退職しました。彼は、NSAの世界地政学・軍事分析報告チームの責任者を務め、世界規模の盗聴網を自動化することに寄与した、NSAの上級暗号数学者でした。「政府は(NSAによる監視についての機密を)テロリストたちから守ろうとしているのではありません。米国民からこのプログラムについての知識を守ろうとしているのです」とビニーは話しています。

Syndicate content