« 前  

2013年4月1日(月)

  次 »
  • テキサス州の地方検事と妻が自宅で殺害された事件について、白人至上主義組織が関与している可能性があるとして、捜査が行われています。検事補のマーク・ハッセがカウフマン郡裁判所の外で射殺された2か月後、マイク・マクレランドと妻のシンシア・マクレランドは自宅で銃で撃たれ、殺害されました。この一連の殺人事件は、白人至上主義者組織アーリアン・ブラザーフッド(Aryan Brotherhood)のメンバー34人が起訴された後に、同組織が法執行機関に報復を企てるおそれがあるとテキサス州が警告を発してから数か月後に発生しました。また、マクレランド検事殺害は、コロラド州の刑務所長のトム・クレメンツが自宅のドアベルに応えようとして射殺された事件から2週間もたたないうちに発生しました。その事件から2日後、容疑者の元コロラド州受刑者で白人至上主義者のイバン・スペンサー・イーベルが、テキサス州保安官代理との銃撃戦で射殺されました。本日はヘイトグループを追跡している南部貧困法律センター(SOLC)のマーク・ポトックに話を聞きます。

  • デュアン・バックが1995年に元恋人のデボラ・ガードナーと彼女の友人のケネス・バトラーを殺害に関して有罪であることは間違いありません。けれどもこの裁判で、陪審員団は仮釈放なしの終身刑ではなく死刑を陪審員団が選択したのは、アフリカ系米国人の犯罪者は社会に将来危険をもたらす可能性がより高いと論じた州の心理学者の証言を根拠にしたからだったとする批判の声が上がっています。本日は2人のゲストをお招きしています。1997年の裁判で次席検察官としてバックの死刑判決を導いたものの、現在は刑執行に反対しているリンダ・ジェフィンと、デュアン・バック弁護団の弁護士で全米黒人地位向上協会(NAACP)弁護基金の刑事裁判部門責任者のクリスティーナ・スウォーンズです。

  • テキサス州の地方検事、マイク・マクレランドと妻のシンシア・マクレランドが自宅で殺害された事件について、昨年、自宅で何者かに襲われた、テキサス州ハリス郡検察局の首席検事補のリンダ・ゲフィンに話をききます。ゲフィンは、この襲撃が人身売買に対して自分が手がけていた訴追と関連していた可能性があると述べ、受けた苦難について語り、この事件がなぜ、自分が起訴したデュアン・バックに対する死刑減刑運動を支援することも含め、彼女がアドボカシー活動を始めるきっかけになったのかについて話しました。

  • カナダから輸送中の数千バレルの原油がアーカンソー州中部で流出し、20世帯ほどが避難を余儀なくされており、エクソンモービルは今もなお汚染除去作業を行っています。20インチの通称「ペガサス」タールサンドパイプラインは29日夜、アーカンソー州メイフラワー付近で破裂し、環境保護局のカテゴリーで定義される「大規模流出」を起こしました。この事故を受けて、これまでも異論のあった、カナダからテキサス州の精製所までタールサンドを輸送するキーストンXLパイプライン建設について、オバマ政権に中止を求める声が再燃しています。「まるで自然が、こういった資源をトラックで運び、パイプに流し入れ、色々なところへ輸送するのではなく、今まで数百万年間、問題なくそこにあったカナダの地下にそっとしておくのが一番良いというメッセージを伝えているかのようだ」と350.orgの創設者ビル・マッキベンは語ります。彼はEaarth : Making A Life On A Tough New Planet(『Eaarth:厳しい新惑星で生きる』)の著者です。

Syndicate content