« 前  

2013年1月30日(水)

  次 »
  • 大規模な抗議運動が続くエジプトでは、政府が国家非常事態の宣言を余儀なくされ、国防大臣は「国家崩壊」の危機だと警告しました。デモクラシー・ナウ!特派員シャリフ・アブゥル・クドゥースがポートサイド市から報告します。同市では数千人の市民が夜間外出禁止令に抵抗して、街頭を埋めています。「(エジプト大統領のモハメド)モルシはムバラクが長年やってきたと同じことをしようとしています。自身の政治的問題を解決するために街頭に警察部隊を動員することです。現在、エジプトは統治不能です」とクドゥースは言います。

  • 数日前に禁固30カ月の判決を受けたばかりの元CIA職員ジョン・キリアコウに話を聞きます。米政府の拷問プログラムに関連して禁固に処せられる初のCIA職員です。司法取引で、キリアコウは秘密諜報員の1人の身元をフリーランス記者に明かし諜報員身元保護法に違反したという1件でのみ、有罪を認めました。記者はその情報を記事にしませんでした。支援者たちは、キリアコウがCIA職員として初めてブッシュ政権が水責めの拷問を行使したことを公に認め、その手法の詳細を明かしたために、不当な攻撃を受けているとしています。ワシントンDCからキリアコウが、担当弁護士ジョスリン・ラダックとともに話します。ラダックは政府の説明責任プロジェクト(Government Accountability Project)の「国家安全保障と人権」部のディレクターです。「これは機密漏洩事件ではありません。拷問に関する事件です。拷問に関して内部告発したために刑務所にはいることになったのだと思います」とキリアコウは言います。「[CIAに入る時]宣誓しましたが合衆国憲法に対する宣誓でした……そして私にとっては、拷問は憲法違反なのです」

  • 禁固30カ月の判決を受けて数日後、拷問プログラムに関連して刑務所に入ることになる最初のCIA職員であるジョン・キリアコウが、次期CIA長官にジョン・ブレナンを指名したオバマ大統領を批判しています。「私はジョン・ブレナンを1990年から知っています。彼の直属の部下となったことも、2度あります。CIA長官として最悪の選択だと思います。CIAにとって9.11後の醜悪な体制のから抜け出すべき時です。私たちに必要なのは合衆国憲法を遵守し、拷問の伝統に雁字搦めにされない人物なのです」

Syndicate content