« 前  

2012年12月31日(月)

  次 »
  • 本日は、2012年を振り返って行きます。米国史上最も多額の資金が費やされた選挙では、オバマ大統領がミット・ロムニー候補を破り、共和党にとりわけ女性や移民の政策見直しを迫りました。主要政党の大統領候補は演説で気候変動について言及しませんでしたが、2012年は、北極圏の氷の融解、巨大ハリケーン「サンディー」やフィリピンを直撃した大型台風など異常気象の1年でもありました。本年はまた、コロラド州オーロラ市、ウィスコンシン州のシーク教寺院、そしてコネチカット州ニュータウン市のサンディー・フック小学校で銃乱射事件が起こった年として人々の心に残るでしょう。フロリダ州の丸腰の少年トレイボン・マーティンの射殺をめぐっては、当初警察が犯人のジョージ・ジマーマンの逮捕を拒否したため、全国でデモが起こりました。オバマ大統領が無人機攻撃を密かに拡大しつつある中で、米軍のアフガニスタンにおける戦争は12年目に突入しました。

Syndicate content