« 前  

2012年12月5日(水)

  次 »
  • ドー ハで開催中の気候変動枠組み条約第18回締約国会議(COP18)のめったに開かれることのない記者会見で、デモクラシー・ナウ!司会のエイミー・グッドマンは、米国代表のジョナサン・パーシングに質問し、米国が温室効果ガス 排出量をより大幅に削減して壊滅的な気候変動から地球を救おうとする取組みを行っていない件を問いました。米国のトッド・スターン気候変動担当特使は、これまでにドーハで記者会 見を1度行ったのみです。本日、もう一度記者会見を行う予定でしたが、インターネットに載った本日の会議目録を見ると、一項目だけ赤字になっています。記者会 見はキャンセルされたのです。

  • ドー ハのCOP18では、途上国は、米国をはじめとする富裕国の温室効果ガス排出量削減の約束は不十分であり、気候変動によって引き起こされた損害や災害に対して貧困諸国に賠償金を支払うことを怠っているとして非難しています。本日は、ドーハからセーシェルの気候変動大使で小島嶼国連合代表のロナルド・ジュモーと「サ ウス・センター」事務局長のマーティン・コーに話を聞きます。

  • 2011 年ダーバンでのCOP17で世界の指導者たちに地球を救うためにもっと努力するよう呼びかけた、22歳の大学生アンジャリ・アパデュライは、気候正義を主張し続けるためドーハに 来ています。アパデュライは、ドーハのCOP18の第1週目には会議場への入場を拒否されましたが、現在はアース・イン・ブラケッツ(Earth in Brackets)という団体の一員として世界の青年活動家の声を再び代表するために会議に出席しています。

  • チャー ルズ・コークとデービッド・コークの億万長者の兄弟が、米共和党の選挙運動に莫大な寄付金を注ぎ込んだことは有名ですが、コーク兄弟は地球温暖化にどんな 影響を及ぼしているのでしょうか。米国はドーハでの国連変動会議で交渉の進展を妨げていると非難されていますが、気候変動問題をめぐるこう着状態を引き起こしている最大の原因はコーク兄弟ではないかと示唆する新しい報告書が発表されました。コーク兄弟は、石油精製所を経営し、何千マイルものパイプラインを管理しているため、彼らにとって化石燃料産業界には巨大な個人的利害がからんでいます。コーク兄弟は、数千万ドルもの資金を地球温暖化懐疑論につぎ込んでおり、地球温暖化の影響を和らげようとする政策をつぶすためにロビー活動やその他の取組を行ってきたと言われています。本日は、グローバリゼーションに関する国際フォーラム 代表のビクター・メノッティに話を聞きます。

Syndicate content