« 前  

2012年11月8日(木)

  次 »
  • 記録破りとなる大量のラティーノ有権者の票が、オバマ大統領の再選を後押ししました。デモクラシー・ナウ! の共同司会者フアン・ゴンザレスに、ラティーノ有権者と、変化しつつある米国の人口構成について話を聞きます。オバマ大統領は、ラティーノ有権者の投票率が彼の再選に重要であることを見越し、投票日2週間前にデモイン・レジスター紙にこう語りました。「率直に言いましょう。仮に私が再選を果たすとしたら、その大きな理由の一つは、ミット・ロムニー候補と共和党が、米国で急速に拡大しているラティーノ・コミュニティを蔑ろにしているためです」オバマは正しかったようです。、ラティーノ有権者の投票率は記録的で、投票者全体の10%を占めました。出口調査では71%のラティーノがオバマ大統領に投票したという結果が出ています。ミット・ロムニーに投票したのは内僅か27%で、これは過去16年の大統領候補中、最も低い数字です。ゴンザレスは受賞歴のあるニューヨーク・デイリー・ニュース紙のコラムニストで、最近ドキュメンタリー映画の原作にもなったHarvest of Empire: A History of Latinos in America(『帝国の収穫:米国のラティーノの歴史』)をはじめとする、多数の著書があります。

  • プエルトリコでは法的拘束力のない住民投票で、史上はじめて過半数が米国連邦州への昇格に賛成しました。この法案の施行には米連邦議会の承認が必要ですが、オバマ大統領は投票結果を尊重したいと言っています。大統領は昨年、現職としては50年ぶりにプエルトリコを訪問したときにも、同じことを約束しました。プエルトリコが米国第51の州となった場合、住民は米国の完全な選挙権を得るものの、連邦税を払わなくてはいけなくなります。デモクラシー・ナウ! の共同司会者で、ニューヨーク・デイリー・ニュース紙のコラムニスト、フアン・ゴンザレスに話を聞きます。

  • オバマ大が大統領選で圧勝し、革新派が押す法案の住民投票法案や候補が、全国的に良い結果を出しました。ジャーナリストのジョン・ニコルズは、2012年の選挙は、オバマ大統領と民主党のみならず革新派の政策が支持される結果となったと語ります。ネイション誌の政治部記者を務めるニコルズの最新記事は " For Obama , a Bigger Win Than for Kennedy , Nixon , Carter or Bush . " (「ニクソン、カーター、ブッシュよりも意味深いオバマの大勝利」)です。

  • 米国陸軍で内部告発を行い、罪に問われているブラッドリー・マニングが、政府が罪状を軽減することと引き換えに、ウィキリークスに機密文書を漏洩した件で部分的に有罪を認める可能性を提案しています。マニングの弁護を務めるデビッド・クームズによれば、マニングは一部の罪を認める用意はできているものの、訴えの全てを飲むつもりはないといいます。マニングはウィキリークスに文書を漏洩したことを認めるつもりでいるものの、スパイ行為や敵対勢力幇助罪については無罪を主張していると言われています。マニングはイラク駐留中に逮捕され、2010年10月より軍に拘束されています。Private: Bradley Manning, WikiLeaks, and the Biggest Exposure of Official Secrets in American History(『プライベート:ブラッドリー・マニング、ウィキリークス、そして米国史上最大の公的機密の暴露』)の著者デンバー・ニックスに話を聞きます。

Syndicate content