« 前  

2012年10月3日(水)

  次 »
  • オバマ大統領とミット・ロムニーは今夜コロラド州デンバーで大統領選第1回討論会を行うためその準備を進めています。本日は民主・共和両党がこの討論会からすべての第三政党をどうやって締め出しているかを検討します。オバマ・ロムニー両陣営は、討論会について秘密裏に詳細な取り決めを交渉し契約書を終結していたのです。この契約の条件が2012年大統領選討論会の内容を左右します。この契約には誰が参加するかをはじめ、討論会で取り上げる論題さえも含まれているからです。大統領選討論会の改善を求める非営利団体「オープンディベート(Open Debates)」の創設者で事務局長のジョージ・ファラーに話を聞きます。ファラーはNo Debate : How the Republican and Democratic Parties Secretly Control the Presidential Debates(『ディベートなし:共和・民主両党がいかに秘密裏に大統領選討論会を差配しているか』)の著者です。

  • コロラド大学が40年ぶりに銃器携帯許可証を持つ学生たちが大学外の住居で銃器を所持することを容認しようとしています。この決定は州最高裁がこの3月、銃の所持を禁止する同大学の学則は、他人に見えないように銃器を携帯することを許可した2003年の州法に違反しているという判決を出したことを受けたものです。同州オーロラの映画館でコロラド大学の大学院生ジェイムズ・ホルムズが銃を乱射して12人が死亡した事件からまだ数カ月しか経っていません。 コロラド大学ボールダー校のノア・モロッチ教授と、民主党のコロラド州議会議員クレア・リビーに話を聞きます。リビー議員はキャンパス内でも銃器の携帯を認めるよう大学に求めている州法を破棄する法案を提出しようとしています。

  • フロリダ州を拠点とするイモカリー労働者連合が大手ファストフードチェーン「チポーレ」に対して公正な食糧プログラムに署名するように求めています。すでにマクドナルドやバーガーキングはこの契約に合意していますが、デンバーに本部のあるチポーレは同チェーンが購入するトマトを収穫する労働者たちへ最低限の生活を可能にする賃金と人道的な労働環境を保証するという、このプログラムへの署名を拒否。このため今週末、イモカリー地区の労働者たちはチポーレがデンバーで開催するフードフェスティバルを標的に抗議を行う予定です。このフェスティバルでは音楽や食べ物やシェフたちや地元の農場経営者らが参加しますが、農場労働者は相手にされていません。イモカリー労働者連合のオルガナイザーで農場労働者のヘラルド・レイス-チャベスに話を聞きます。

Syndicate content