« 前  

2012年9月4日(火)

  次 »
  • 民主党全国大会(DNC)は9月4日、ノースカロライナ州シャーロットで開幕し、全米第二の金融センターに3万5000人以上の党代表、記者、活動家が集まることになります。いくつかの活動団体が集まり、今回のDNCに対して最初の大規模な抗議活動を9月2日に行いました。1000人以上の人々が「南部のウォール街」行進(March on Wall Street South)と呼ばれるデモに参加しました。このデモ行進は、バンク・オブ・アメリカのグローバル本社や、全米最大の電力・エネルギー供給企業の一つで石炭火力発電所と原子力発電所の運営会社であるデューク・エナジー社(Duke Energy)本社の前などに立ち寄りました。

  • ノースカロライナ州では大統領選挙の約2ヶ月前に当たる9月6日、期日前投票が始まることになっています。同州は今回再び、主要な激戦州になると見られています。オバマ大統領は2008年、1976年のジミー・カーター以来初めて、民主党候補として同州で勝利しました。ノースカロライナ州の投票権を守り、未登録投票者を動員させる闘いに深く関わってきた草の根活動の指導者である牧師のウィリアム・バーバーに話を聞きます。バーバーは全米黒人地位向上協会(NAACP)のノースカロライナ支部代表で、ゴールズバラのグリーンリーフ・ディサイプル教会(Greenleaf Christian Church Disciples of Christ)の牧師を務めています。彼はノースカロライナ州で同日登録と期日前投票を求める運動に成功し、裁判または判決に人種的要因があった場合にかぎり、同州の死刑囚の刑罰を保釈なしの終身刑に減刑する人種正義法(Racial Justice Act)を可決させることにも一役買いました。

  • 米国労働総同盟産業別組合会議(AFL-CIO)の農業労働組織委員会(Farm Labor Organizing Committee)の設立者で代表の バルデマール・ベラスケスは、1960年代にマーティン・ルーサー・キング・ジュニア師と共に活動して以来、移動労働者たちを組織化してきました。民主党全国大会のオハイオ州代表であるベラスケスは、その90%以上が滞在許可を持たないノースカロライナ州の移動農業労働者たちを組織化する活動を行ってきました。ベラスケスは9月3日、農業労働者と製造業、サービス業など他の労働者をシャーロットに集結させた南部労働者集会(Southern Workers Assembly)にも一役かいました。彼らの取り組みは重要です。なぜなら南部は全米で最も労働組合化が行われていない地域であり、ノースカロライナ州の組合密度はわずか2%にすぎないからです。

  • バンク・オブ・アメリカの国際本部と民主党全国大会をめぐるメディアの熱狂の陰におかれ、全国大会が開かれる今週の主流メディアによる報道では目にすることもなさそうなシャーロットのもうひとつの側面、同市の貧困問題について検証します。シャーロット・オブザーバー紙の記者フレッド・クラセン=ケリーに話を聞きます。クラセン=ケリーはシャーロット・オブザーバー紙の記者で、同市の貧困、ホームレス、人種問題について取材してきました。

  • シャーロットでの民主党全国大会を前にした9月2日、 1000人以上が「南部のウォール街」行進」(March on Wall Street South)に集結しました。行進が始まる前、全米各地からの組織の演説者らがシャーロットのフレーザー公園に集まりました。彼らの演説の一部を放送します。

  • 全米最大のエネルギー供給企業デューク・エナジー社(Duke Energy)は、民主党全国大会をノースカロライナ州シャーロットに誘致するのに大きな役割を果たしました。デューク社の運命は、11月の大統領選挙で誰が勝つにしろ、石炭、原子力、気候変動を統制する今後の政策に大きくかかっています。同社は、米国立法交流評議会(American Legislative Exchange Council : ALEC)の会議を支援し、同団体によるクリーン・エネルギー法への攻撃に資金提供したと言われ、一部ALECとの繋がりのおかげで、連邦規制を撃退することに成功してきました。デューク・エナジー社の増大しつつある政治的影響力について、グリーンピースUSAのノースカロライナ州組織者であるモニカ・エンブリーと、デューク・エナジー社と民主党全国大会の繋がりについて人々を啓蒙しようとしているシャーロットの地元の活動家べス・ヘンリーに話を聞きます。

  • 滞在許可を持たない 40人以上の移民と彼らの支持者たちを詰め込んだ「アンドキュバス」(Undocubus)と呼ばれるバスが、「ビザなしなんて恐くない(No Papers, No Fear)」というスローガンの元、オバマ大統領と民主党員らにメッセージを届けようと、11州を超え2000マイル(約3200キロ)以上を旅してシャーロットに到着しました。彼らは、シャーロットに来る途中に訪問した15都市の多くで、州政府と連邦移民法によって犯罪者使いされることに抗議して、市民的不服従運動を行いました。このバスに乗ってきた二人、レティシア・ラミレスとロシ・カラスコに話を聞きます。

Syndicate content