« 前  

2012年8月24日(金)

  次 »
  • ニューヨーク市警は、 何年にもわたり米北東部一帯のムスリム居住地域で潜入捜査や盗聴といった監視諜報活動を行ってきました。しかし、デモグラフィックス部門のこの秘密諜報活動は、1度も実際のテロ捜査に結びつかなかったばかりか、情報すら1つも得られなかったということを同市警が認めました。9.11攻撃があってからの数年の間、NY市警は極秘裏にムスリムの学生グループやモスクに捜査員や情報提供者を潜入させたり、人々の会話を盗聴したり、ムスリムたちの居住場所や職場、祈祷場所を示すデータベースを構築したりしてきました。本日はAP通信の記者アダム・ゴールドマンに話を聞きます。ゴールドマンは同市警のスパイ活動を暴いてピュリッツァー賞を受賞したAP通信の一連の記事の共同執筆者です。最新の記事ではそのスパイ活動の失敗もリポートしています。

  • 環境保護グループ国際グリーンピースの活動家6人が北極での油井掘削に抗議してロシアの掘削施設を占拠しています。この施設はロシアの巨大国営エネルギー企業ガズプロム(Gazprom)が所有しています。同社はペチョラ海での掘削操業をすることになっており、これは北極で最初の石油生産となります。この施設にいるグリーンピース事務局長クミ・ナイドゥーと電話で話します。いま彼と他の活動家たちは、掘削施設から放水を受けている最中です。施設から立ち去らない彼らに、ガズプロムの従業員たちは氷のように冷たい水を掛けてきているとナイドゥーは言っています。「私たちの時代を特徴付ける、環境をめぐる戦いに世界の注目を集めたいと思っています。破滅的な気候変動を回避するための時間はどんどん少なくなっているのです」とナイドゥーは言います。「それが私たちがここにいる理由です」。グリーンピースは国連総会が北極圏を掘削や持続不可能な漁法から守る決議を行うよう働きかけています。

  • 調査ジャーナリストのセス・ローゼンフェルドの新著 Subversives: The FBI’s War on Student Radicals, and Reagan’s Rise to Power (『破壊分子たち:FBIの対急進派学生作戦とレーガンの政治的台頭』)はセス・ローゼンフェルドが手に入れた30万ページ以上の記録に基づいて書かれたものです。彼はFBIを相手に30年以上、5回にわたって情報開示要求訴訟を起こしてこの情報を入手しました。この本は、当時のFBI長官J. エドガー・フーバーが、1964年にカルフォルニア大学バークレー校で始まった言論の自由運動を捜査し、さらにそれを妨害するよう、捜査員たちに命じた経緯を追っています。ローゼンフェルドへのインタビューのパート2では、ロナルド・レーガンがFBIと協力してカリフォルニアの学生運動を標的にすることで、自らの権力の台頭を強化したことが語られています。パート1はここをクリック

  • 歴史家で作家、かつ活動家でもあった故ハワード・ジンは生きていたら今日で90歳です。ジンは2010年1月27日に心臓マヒで亡くなりました。87歳でした。第二次世界大戦で爆撃手として任務した後、ジンは生涯にわたる反体制の平和活動家になりました。50年以上にわたり公民権運動や数多くの社会正義を求める闘争で精力的に活動し、1980年には古典的著作である『民衆のアメリカ史』を刊行しています。この本はその後も売れ続けて百万部を超えるロングセラーとなり、私たちのアメリカの歴史を見る目を変えました。デモクラシー・ナウ!での2009年5月のジンのインタビューの一部と、同じ年の、最後の講演となったものの1つ、亡くなる2カ月前の講演の抜粋を放送します。

Syndicate content