« 前  

2011年12月6日(火)

  次 »
  • 南アフリカのダーバンで開かれている国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)からの1週間にわたる報道を引き続きお届けします。190以上の国の交渉担当者による気候変動との闘いについての重要な話し合いも最終週に入りました。京都議定書の将来同様、新たな「グリーン気候基金」の設立も疑問視されています。同会議が南アフリカで行われていることもあり、アフリカ大陸が、いかに気候危機によって、すでに大きな影響を受けているかについて特別な関心が向けられています。ナイジェリアのエンバイロンメンタル・ライツ・アクション(Environmental Rights Action in Nigeria)のエグゼクティブ・ディレクターで、FoE(フレンズ・オブ・ジ・アース)インターナショナル代表のニモ・バッセイから話を聞きます。彼は、新しく出たTo Cook a Continent: Destructive Extraction and the Climate Crisis in Africa(『大陸を焼く:アフリカでの破壊的な資源採取と気候危機』)の著者です。「我々は、今回の交渉が、偽善、深刻さの欠如、アフリカが非常に大きな影響を受けているという認識のなさといった大きな土台の上で行われている状況を目にしています」と、バッセイは言います。「温度が摂氏1度変わるごとに、アフリカはより大きなレベルで影響を受けます。ですからこうした状況は大いに非難されるべきなのです」。

  • 南アフリカのダーバンで12月6日の朝、カナダからの若者と先住民の活動家団体が国連気候会議の代表者らに、偽のタールサンドのサンプルとカナダの観光パンフレット、カナダ国旗が入った模擬ギフトバッグを手渡しました。この活動に参加した活動家の一人カンディ・モゼットは、カナダのタールサンド・オイルへの依存は「今地球上で私が知るプロジェクトの中で最悪のもの」と言います。先住民環境ネットワーク(the Indigenous Environmental Network)の先住民のエネルギーと気候運動(the Native Energy and Climate Campaign)の主催者であるモゼットは、タールサンドの抽出過程は、エネルギーと水を大量消費し、大気中に膨大な汚染を排出し、地形を破壊すると指摘しています。「タールサンドに到達ためだけでも、針葉樹林や原生林を伐採しなくてはなりません。彼らはそれらの森を邪魔な覆いと呼ぶのです。彼らはそれらの森を根こそぎに伐採し、それから地面を掘り下げて非常に多くの土壌を取り出します」とモゼットは言います。「そして砂の中にあるほんの10%のオイルを搾り出します。それから化学物質を使ってパイプラインを通ることができるように液状化します。タールサンド・オイルは扱いやすい原油のような他の油に比べて、はるかに有毒なのです」。

  • インド人の作家・評論家で、新刊The Politics of Climate Change and the Global Crisis: Mortgaging Our Future(『気候変動の政治と世界的危機:抵当にされた未来』)の著者であるプラフル・ビドワイから話を聞きます。米国は国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP 17)中に、温室効果ガス削減についての交渉を遅らせるために中国の排出量を言い訳にしましたが、ビドワイは「我々は歴史的な責任を忘れることはできません。大気中に蓄積され、そこに残留し数千年の間地球を温暖化する、全ての温室効果ガスの4分の3は、米国に代表される北半球の先進国から排出されています。米国は大気中に蓄積された全ての排出量の4分の1以上に対して責任があります」と言います。ビドワイはさらに、彼が原子力の“転換点”と呼ぶ、日本の福島の原発危機の後遺症についても取り上げ、「今回の件が起こった以上、先進世界で原子力が今後生き残るとは思いません。今回の件は、原子力産業がこれまでに直面した中で最悪の信頼性の危機なのです」と言います。

  • 国際労働組合総連合(ITUC)は、制限的な労働法で知られる湾岸国カタールで2012年の気候変動会議を開催する国連の決定を非難しています。カタールの労働人口の87%は出稼ぎ労働者で構成され、彼らは労働組合を作ることも参加することも認められていません。デモクラシー・ナウ!は12月5日、ITUCのシャラン・バロウ書記長に話を聞きました。「我々は再考を要求しています。明らかに、世界はカタールに行くことについて、もう一度考えるべきです。単に事務的に決定されていいことではありません」とバロウは言います。「もし再考がないなら、我々はカタール当局による人権と労働権の完全な侵害を明らかにすることを明確に組織化するつもりです」。

Syndicate content