« 前  

2011年4月26日(火)

  次 »
  • 日本は福島第一原子力発電所での核の危機への対応に追われていますが、ウクライナ、ベラルーシ、ロシアでは4月26日、チェルノブイリ原発の炉心溶解から25周年を迎える追悼式典が開かれます。1986年4月26日、同原発での爆発はロシア、ベラルーシ、そしてヨーロッパの広範囲にわたって放射性の灰を飛散させました。旧ソビエト連邦当局は事故を隠蔽しようとしましたが、結局チェルノブイリ周辺の5万人の住民が避難しなければなりませんでした。原発近くの広大な地域は居住禁止区域になったままです。日本の危機が起こる以前は、チェルノブイリ事故が世界で唯一、国際原子力機関(IAEA)が定める最悪のレベル7の“重大事故”核惨事でした。

  • 4月25日ハネウェル社の株主総会で、イリノイ州メトロポリスにある同社のウラン濃縮工場が、従業員と一般市民を危険にさらしているとして、数十人の労働者が抗議行動を行いました。軍需産業大手のハネウェル社は3月、危険な放射性廃棄物を許可なく保管していたことで有罪を認めました。オハイオ川付近の同社工場の裏で、高濃度の放射線を含む泥が入ったドラム缶をのざらしにしていました。工場の労働者らはハネウェル社に対し、問題を何度も通告したと言います。多くの労働者は鉄鋼労働組合連合のメンバーで、この件によって同社が組合解体を望むようになると感じています。メトロポリス工場では200人以上の労働者が、職場の安全基準、経済、勤続年数の問題をめぐって同社との契約交渉が行き詰まり、2010年6月以来失業中です。イン・ディーズ・タイムス誌のためにこの件を広く取材した労働問題ジャーナリストのマイク・エルクに話を聞きます。

    ★ 字幕動画はこちら

  • 内部告発サイト、ウィキリークスによって暴露された750以上の“秘密”グアンタナモ囚人“評価”ファイルは、2002年にキューバに米軍基地が設置されて以来のほとんどの囚人が含まれており、グアンタナモに収容された囚人の多くは無実または下層の工作員であることを米国が把握していたことを明らかにしています。ガーディアン紙は4月26日、同ファイルに基づいた一連の新たな報告を出版し、アフガニスタンのバグラム基地でたった一人の情報提供者が少なくとも123人の他の囚人に罪を負わせることで自由を獲得した様子を伝えています。ロンドンからガーディアン紙の調査主任編集者のデビット・リーに話を聞きます。

  • ペンタゴンペーパーの内部告発者ダニエル・エルスバーグに、情報漏えい容疑のブラッドリー・マニング陸軍上等兵に対する先週のオバマ大統領のコメントについて話を聞きます。オバマ大統領はサンフランシスコでの資金集めの集会で、機密軍事文書の漏えいで告発され、まだ裁判を受けていないマニングの国威に対し、法律違反であると公然と宣言しました。オバマはさらに、マニングの行為を、ベトナム戦争に関する最重要機密文書を漏えいしたエルスバーグと比較することを求められ、「エルスバーグの漏えい資料は今回と同等に分類されていなかった」ので、二つの事件は異なると述べました。実際、ペンタゴンペーパーで暴露された資料は法の下での最高機密指定であるトップ・シークレットとされていましたが、マニングがウィキリークスに漏えいしたとされる資料は、最低レベルの機密指定に当たる“シークレット”または“クラシファイド”となっていました。

Syndicate content