« 前  

2011年3月31日(木)

  次 »
  • イエメンでは米国が後ろ盾となっているアリ・アブドラ・サーレハ大統領の辞任を求める断固とした抗議活動が続いていますが、30日には数十万人が街頭を埋め尽くしました。 独立系ジャーナリストのジェレミー・スケイヒルと米国防情報局のイエメン分析家の職を最近辞任したばかりのジョシュア・ファウストに話を聞きます。スケイヒルは、米国の秘密戦争が予期せずサーレハ政権の弱体化を引き起こす大きな要因になったと論じます。また、米国主導の空爆を支援する西側の秘密部隊の一部としてCIAがリビア国内で活動しているという最近のニュースについて二人にコメントしてもらいます。
    ★ 字幕動画はこちら

  • ムアマル・カダフィ派の兵士にレイプされたと訴えた女性は、外国人ジャーナリストが多く滞在するトリポリのホテルに駆け込み事件について話したことで逮捕され、その後5日がたちましたが以前行方不明のままです。エマン・アル=オベイディという名のこの女性は、本人の意に反して2日間拘束され、その間カダフィ派の兵士15人にレイプされたと語りました。オベイディの顔と脚には外傷があり、右腿には血がついていました。カダフィ政権下でのリビア人女性への性的暴力について、ジャーナリストのモナ・エルタハウィに話を聞きます。

  • 米最高裁は、小売大手のウォルマート社を相手取った大規模な性差別集団訴訟の審理を進めるかどうかについて、意見聴取をおこなっています。同社の現役および元女性職員によれば、同僚の男性職員よりも給与が低く、昇進の機会も少なかったといいます。ウォルマートの元マネージャーで原告の一人ステファニー・オドルは、同社の企業文化を変えるために訴訟を起こしているのだと語ります。労働者側の弁護士、ジョセフ・セラーズにも話を聞きます。「今回のケースでは、女性に対するこれまで目にしたことがないようなステレオタイプが存在していた証拠を見つけました。まるで彼らは1950年代に逆行しているかのようです」とセラーズは語ります。

Syndicate content