« 前  

2010年9月20日(月)

  次 »
  • 英国の著名な作家、ジョン・ル・カレ(本名:デビッド・コーンウェル)がロンドンから番組に出演です。元英国スパイのル・カレの作品には『寒い国から帰ってきたスパイ』、『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』、『ナイロビの蜂』などがあります。イラク戦争を支持した当時の決定を肯定した、トニー・ブレア前首相の自伝A Journey(『ジャーニー』)の出版を受けて、ル・カレはブレアとの対談を拒否した真相や、ブレアの自伝を読まない理由について語りました。
  • ジョン・ル・カレはスパイ小説で知られる作家ですが、2003年には反戦をテーマにしたエッセイ集The United States of America Has GoneMad(『アメリカ合衆国は気が狂ってしまった』)を出版し、 多くの読者に迎えられました。この著作の一部をジョンが朗読します。
  • 英国系イラク人でロンドン在住のラビハ・アル・カサブは、夫のラムジ・シハブ・アフメドに関する壮絶な話を語りました。サダム・フセイン政権の打倒を企てた容疑をかけられて1998年に亡命したラムジは、息子を拘束施設から釈放するため、昨年イラクへ帰国しました。しかし本人も拘束され、拷問を受けました。ラムジとその息子は、3万人に及ぶ他のイラク人同様に、起訴無しで拘束され続けています。
  • アムネスティ・インターナショナルは、米国から移送された1万人を含む約3万人を、裁判を行わずに拘束しているとしてイラク当局を非難しています。最新の報告書で同団体は、イラク人は一方的に拘束され、また強制的な自白を目的に暴力を受ける事もあると指摘しています
  • 19日、ロンドンのプリンス・オブ・ウェールズ劇場では、歴史家の故ハワード・ジンの著作に触発されたThe People Speak(ピープルスピーク)の朗読会が行われ、多くの聴衆が集まりました。詩人でラスタファリ運動に携わるベンジャミン・ゼパニアに話を聞きました。
Syndicate content