« 前  

2010年9月17日(金)

  次 »
  • ドイツのここボンにはライト・ライブリフッド賞の受賞者たち約80人が集っています。その中には巨大バイオ企業モンサントと長年にわたって戦っているカナダの農民パーシー・シュマイザーの姿もあります。モンサント社の製造した種子が風に飛んで彼の畑に紛れ込んできたとき、同社は彼が不法に同社の種子を蒔いているとして訴訟を起こしました。最終的にこの件はカナダの最高裁で審議されました。彼が農民たちの権利と種子の未来を守るために戦っているとしてライト・ライブリフッド賞を受けたのは1997年のことです。

    ★ 字幕動画はこちら

    ★ ニュースレター第38号(2011.3.21)

    ★ DVD 2010年度 第4巻 「巨大リスクと利益」に収録

  • 9月の第3週、ボンには、バングラデシュのグラミン・シャクティの代表者たちも来ています。グラミン・シャクティは僻地の貧しい人々が自宅に太陽発電装置をつけることができるよう融資と技術的サポートを提供する団体です。多くの家庭にとって、初めて電気が通じることになります。これまでに11万基以上の太陽発電装置の設置に協力し、女性を多く雇用してこの装置の維持管理を担当させています。これが雇用の創出と女性の地位向上、生活水準の改善につながっています
  • タイでは、タクシン・シナワット首相を追放した軍事クーデターから4周年を迎える19日の日曜日、新しい選挙とタイ国会の解散とを求めている、いわゆる赤シャツ隊による全国規模の反政府抗議行動が計画されています。バンコクからここボンにやってきた著名な反体制派スラク・シバラクサに話を聞きます。民主主義と正義と文化的一貫性に根ざした開発プロセスの探求における彼の展望と活動と精神的関与を評価して、1995年にライト・ライブリフッド賞が贈られています。
Syndicate content