« 前  

2010年8月11日(水)

  次 »
  • この6年間、ニューヨークの一男性が話をすることを禁じられていたことがあります。FBIがこの男性の運営するインターネット・ベンチャー企業の顧客個人情報を提出せよと国家治安令状(national security letters)を執行したことです。同令状は一般に、執行自体すら口外不可と規定されています。いまやっとその箝口令が解け、この男性、ニック・メリルが初めてインタビュー放送に私たちのところにやってきてくれました。FBIのこの国家治安令状の使用に彼がどう法的に対抗したかを話してもらいます。また、コネチカット州の図書館員であるジョージ・クリスチャンにも話を聞きます。彼および他3人の図書館司書もまた、複数の図書館利用者の情報の提出を要求する国家治安令状を受け取り、その件で連邦政府を訴えています
  • 中間選挙の候補者を選ぶ予備選が10日には4州で行われました。コロラドは民主党上院予備選で記録的投票数となり、現職のマイケル・ベネットが改革派のアンドリュー・ロマノフの挑戦を退けました。コネチカットでは共和党上院予備選でプロレス業界重鎮のリンダ・マクマホンが元下院議員のロブ・シモンズを破りました。マクマホンは引退するクリストファー・ドッド上院議員の席を狙って中間選挙ではコネチカット州法務長官のリチャード・ブルメンタールと争うことになります。コラムニストでラジオ番組も持つデイビッド・シロータに話を聞きます。
  • 伝説的な活動家であるドロレス・ウエルタはシーザー(セサル)・チャベスとともにアメリカ農場労働者連合を作った人です。今年は彼女の80歳のお祝いの年。米国の労働、公民権、移民権、フェミニスト運動にずっと携わってきた彼女は、130万人の農場労働者の合法化につながった季節農業労働者法案の通過にも重要な役割を果たしました。フエルタは13日、誕生日のお祝いにロサンゼルスで慈善コンサートを開きます。ゲストとしてギタリストのカルロス・サンタナ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのザック・デ・ラ・ロッチャも出演します。このイベントの名前は"Weaving Movements Together"(みんなで運動を織り上げていこう)です。彼女は移民権運動、ゲイやレズビアンなどの性的少数者(LGBT)運動、フェミニスト運動、環境運動、労働運動の活動家たちがいっしょに手を組むことを願っています。
Syndicate content