« 前  

2010年8月6日(金)

  次 »
  • 米通信大手のベライゾンとグーグルが、インターネット・アクセスに階層システムを導入することで合意したと伝えられました。この契約は、ワイヤレス端末へのオンライン・コンテンツ配信で、ベライゾンに金を払えばより高速の優遇サービスが提供されるようになるというものです。これはすべてのオンライン・サービスに平等なアクセスを求める「ネットの中立性」概念への背反行為です。折しも連邦通信委員会(FCC)は今、ベライゾンを含む通信業界大手企業と新たな事業規制を作るために非公開の会合を開いています。
  • 新しい米陸軍の報告で、陸軍の兵士たちの自殺率が、ベトナム戦争以来初めて、一般の自殺率を上回ったことが明らかになりました。自殺した2人の兵士たちの親に話を聞きます。グレッグ・キースリングは2009年6月19日、2度目のイラク従軍中に自ら命を絶ったチャンセラー・キースリングの父親です。ケビンとジョイスのルーシー夫妻は息子ジェフリー・ルーシーを2004年6月22日に亡くしました。イラク任務から実家に戻ってのことでした。オバマ大統領からのおくやみは、まだ届いていません
  • 65年前の今日、米国は「リトル・ボーイ」のニックネームを持つ爆弾を日本の広島という都市に落としました。即死した人や、火傷や原爆症によってまもなく没した人の数は、合計14万人と推計されています。毎年日本で開かれる、この悲しみの日の式典に、今年は初めて米国政府の代表が出席しました。米国の精神医学の第一人者で作家、長年にわたる反核兵器論者のロバート・ジェイ・リフトンに話を聞きます。
Syndicate content