« 前  

2010年6月28日(月)

  次 »
  • カナダのトロントで開かれたG20首脳会議では、抗議の街頭デモ参加者が600人以上も逮捕されました。機動隊が警棒やプラスチック弾、催涙ガスなどを使用したのは、トロントの歴史が始まって以来のことです。1万9000人以上もの治安要員が市内に配備され、G20サミット会場となったトロント・コンベンションセンターの周辺には、長さ4マイルにわたる防衛柵が設けられました。警備費用は10億ドルと空前の規模と推定されています。バンクーバー・メディアCOOPのフランクリン・ロペスが、トロントの街頭からレポートしました。

    ★ 字幕動画はこちら

  • トロントの街頭で数千人が抗議活動を行っている一方で、G20サミットでは各国首脳が、自国の財政赤字を2013年までに半減させるという異論の多い目標で合意しました。ジャーナリストのナオミ・クラインに話を聞きました。「サミットで実際に起こったのは、世界のエリートたちが、自分たちが飲めや歌えやのドンチャンさわぎをした後の、宴会の請求書を貧しく弱い立場の人たちに突きつけたということです」と、クラインは語りました。

    ★ 字幕動画はこちら

  • トロントのG20サミット会場にて警察に逮捕された数百人の抗議行動参加者の中には、ジャーナリストらも含まれていました。ジェシー・ローゼンフェルドはフリーランス記者で、ロンドンのガーディアン紙の取材をしていました。ジェシーはオルタナティブ・メディア・センターのジャーナリストでもあります。ローゼンフェルドは26日夜にノボテル・ホテル前でサミット抗議デモを取材していたところをカナダの警察官に逮捕、拘束されました。
  • 民主的に選出されたマヌエル・セラヤ大統領が国外追放される契機となった軍事クーデターから、今日で1年が経過しました。1年後の現在でもクーデターの弾圧体制は続いており、死者や行方不明、拷問や刑事免責などが報告されています。ホンジュラスのNational Front of Popular Resistance(民衆抵抗の国民戦線)のメンバーであるヘラルド・トレスに話を聞きました。
Syndicate content