« 前  

2010年5月25日(火)

  次 »
  • イランで拘束されている3人の米国人ハイカーの母親が、子供たちとイランで10ヶ月ぶりに面会し、米国に帰国しました。シェーン・バウアー、サラ・ショウルド、ジョシュア・ファタルは、2009年7月に、イラン北部をハイキング中、道に迷ってイラン国境を越え拘束されました。拘束されている3人のハイカーたちの母親、シンディ・ヒッキー、ノラ・ショウルド、ローラ・ファタルから、子供たちとの面会の様子と釈放を求めるさらなる闘いについて話を聞きます。
  • イスラエルのシモン・ペレス大統領は、1970年代に彼が国防相を務めた際、アパルトヘイト(人種隔離政策)下の南アフリカに核兵器の売却を持ちかけたとする報道を否定しました。英『ガーディアン』紙は5月23日、当時国防相だったシモン・ペレスと南アフリカのP.W.ボタ国防相(当時)との機密会談で、ペレスが最終的に“3つのサイズ”の核弾頭の売却を申し出たことを明らかにする南アの最高機密文書を掲載しました。この文書はフォーリン・アフェアーズ誌の編集主任で新刊The Unspoken Alliance: Israel’s Secret Relationship with Apartheid South Africa(『暗黙の同盟:イスラエルとアパルトヘイト下の南アとの秘密の関係』)の著者であるサシャ・ポラコウ=スランスキーによって最初に暴露されました。
Syndicate content