« 前  

2010年2月16日(火)

  次 »
  • アフガニスタンでは、数千人の米軍と北大西洋条約機構(NATO)軍による南部ヘルマンド州マルジャへの大規模攻撃が4日目を迎えました。これまでに少なくとも19人の民間人が死亡し、その中には同市郊外の民家にミサイルが落ちて死亡した子供6人も含まれています。一方、イタリアのNGO緊急支援団体によると、重傷を負った数十人の民間人が、軍の封鎖によって、州都ラシュカルガーにある病院に行くことができないといいます。アフガニスタンで取材するウォールストリート・ジャーナル紙の記者アナンド・ゴパールに話を聞きます。
  • ポルトープランスの大部分は、依然としてがれきの山の中にあります。ハイチ当局は、がれきを一掃し、破壊された街を再建するプロセスを始めるには数年かかるだろうといいます。数十億ドルの国際的支援と投資が誓約される中、新生ハイチの構想をめぐる議論がすでに始まっています。ジャーナリストのアビ・ルイスは崩壊したハイチの復興政策を調査するため、最近同国を訪れました。彼は、大統領顧問パトリック・エリや、経済学者カミール・シャルマースらを含む多くの人に話を聞きました。彼の報告は2月第二週、アルジャジーラ英語放送内のFault Lines (『断層線』)という番組の中で放送されました。
  • マクラッチー社の調査によると、共和党上院議員たちは現在、議事妨害で上院審議を麻痺させ、民主党の提案する法案を阻止しています。オバマ大統領が就任して以来、共和党上院議員の議事妨害によって、医療保険制度改革、地球温暖化対策、金融規制などの法案通過や、オバマによる官職指名候補15人の承認を妨害してきました。2月の第2週に、民主党のジーン・シャヒーンとトム・ハーキン両上院議員は、議事妨害の制限をめざす法案を提出しました。彼らの提案は、議事妨害を阻止するのに必要な投票数を徐々に減らし、それによって議事妨害を減らそうというものです。最終的には、単純過半数である51票の獲得で、可決できるようにするのが目標です。しかし、上院多数党院内総務のハリー・リード議員は、規則の改定には67議席を必要とすると指摘して、彼らの要求を却下しました。議事妨害の廃止を熱心に訴える弁護士で作家のトーマス・ゲーガンから話を聞きます。

    ★ 字幕動画はこちら

Syndicate content