« 前  

2010年12月1日(水)

  次 »
  • ウィキリークスによる最新の膨大な外交公電の公開で、米当局がスペインの検察や政府関係者にグァンタナモ基地での拷問や、CIAによる違法の被疑者特例引き渡し移送についての捜査を中止するよう圧力をかけていたことが明らかになりました。国際法と人権問題が専門の弁護士でハーパーズ・マガジンの寄稿編集者でもあるスコット・ホートンに話を聞きます。
  • 同じくウィキリークスによって漏洩されたマドリッドの米大使館からの公電によって、米国が、バグダットの米軍戦車による攻撃で死亡したジャーナリストの遺族が起こした訴訟を中止するよう、スペイン政府に圧力をかけていたことも明らかになりました。スペイン人カメラマン、ホセ・コウソは2003年4月8日、米陸軍の戦車がジャーナリストたちで満杯だったバグダッドのパレスチナ・ホテルを砲撃した事件で死亡しました。コウソの死に関しては3人の米軍兵士がスペインの裁判所で起訴されています。「非常に腹が立っている」とホセ・コウソの兄弟であるハビエル・コウソは言います。「我が国の政府が外国の政府と共謀していたなんて信じられない……まるで自分たちがアメリカ帝国の住人か、少なくとも小さな属州のように感じる」
  • 米上院は連邦失業保険を来年いっぱいまで延長する法案の提出に失敗しました。これでアメリカでは約200万人の失業者たちが、来年1月から失業手当なしで過ごさねばならなくなります。ホワイトハウスは、その一方でブッシュ政権から続く米国最富裕層に対する減税措置の維持を要求する共和党との妥協を探り始めたようです。今日はジェシー・ジャクソン師に来ていただいています。師は現在のこの状況は「異常な貧困」状態だとし、オバマ大統領に対し飢餓と貧困に関して超党派の協議を行うよう求めています。
Syndicate content