『謝罪』イブ・エンスラーの新刊は虐待的な父親が書いてくれていたらと願った手紙

「私はもう待つのを終わりにします」。これがイブ・エンスラーの画期的な新刊The Apology(『謝罪』)の最初の言葉です。この本の中で世界的に有名な劇作家で活動家の彼女は、彼女が生涯待ち続けてきた言葉「ごめんなさい」を聞くことが、虐待の被害者にとってどういう意味を持つのかを想像しています。イブ・エンスラーの父親は、彼女がわずか5歳のときから少女期を通じて彼女を性的・肉体的に虐待しました。彼の虐待は計り知れないほどの肉体的および精神的苦痛をもたらしましたが、彼は自らの行動を決して謝罪しませんでした。そこでイブ・エンスラーは、父親の死から数十年経った今、彼のために謝罪を書こうと決心しました。その結果がこの素晴らしい新刊です。エンスラーはその中で、彼女の父親の視点から彼女自身に向けて書いています。この本の前書きの中で彼女は次のように書いています。「私の父親はだいぶ前に亡くなりました。彼はもう私に向けて謝罪の言葉を発することはありません。彼が謝罪をすることはもうありません。だから、それは想像されなければなりません。なぜなら想像の中では、私たちは境界線を越えて夢を見、物語を深化させ、別の結末を形作ることができるのですから」。エンスラーは、この本が「報いの時代」の青写真になることを願っていると言います。イブ・エンスラーは『ヴァギナ・モノローグ』の著者で、女性と少女への暴力を止めるための世界的な運動「Vデー」(V-Day)の創始者です。エンスラーは彼女の新刊を今も謝罪を待っているすべての女性たちに捧げています。

最近のニュース

2019/7/12(金)

  • 権利を知ろう:迫りくるICEの国外退去のための強制捜査に移民人権活動家はどう備えるか
  • 追放されたホンジュラスの前大統領マヌエル・セラヤ:2009年の米国支援のクーデターが今日の大量流入危機の一因

2019/7/11(木)

  • 「人の道に外れていて 許せない」 バカラン下院議員 移民の子供たちの刑務所での勾留を批判
  • 米女子サッカーW杯優勝は 「性別による差別禁止」と「男女同一報酬」への戦いの勝利だ
  • ジェフリー・エプスタインの性犯罪を許したアレックス・アコスタ 今度は人身売買の被害者救済資金を骨抜きに

2019/7/10(水)

  • 移民の非人道的な扱いは、今に始まったものではない。数十年にわたる2大政党政治の主要な構成要素なのだ
  • ジョン・カルロス・フレイ:メキシコ国境での人命にかかわる米国のひそかな戦争は虐殺に近づいている
  • 気候危機が中米の人々を 母国を離れ米国に向かわせている

2019/7/9(火)

  • 調査報道と被害者の証言はどのように虐待常習犯ジェフリー・エプスタインを倒したか
  • 殺害脅迫を受けながらもグレン・グリーンウォルドがブラジルにおける大規模な汚職スキャンダルの暴露について発言
  • 「これは驚くべきことではない」米国による制裁と武力威嚇が導いたイランのウラン濃縮再開

2019/7/8(月)

  • サッカー女子W杯 男子との報酬差別を批判した米代表チームが優勝 トランプ大統領への批判も
  • トランプとクリントンの友人で大富豪のジェフリー・エプスタインが性的人身売買容疑で逮捕
  • 腹部を撃たれて流産した妊婦への起訴取り下げ 妊娠の中断を犯罪化することへの抗議が高まり