アンジェラ・デイビスがバーミングハムに帰郷 パレスチナの権利と世界の自由闘争を語る

公民権運動の象徴的人物で学者のアンジェラ・デイビスが先週末、故郷のアラバマ州バーミングハムに戻りました。当初は、バーミングハム公民権協会からフレッド・L・シャトルズワース人権賞を受賞するための帰郷でした。しかしバーミングハム・ホロコースト教育センターが、デイビスがイスラエル政府と団体を対象としたBDS(ボイコット・投資撤退・制裁)運動を支持していることを問題視し、授賞を考え直すようにとの書簡を協会理事会に送ったことから、同協会は1月、デイビスへの授賞を取り消しました。この決定はすぐに幅広い抗議を受け、同協会は決定を覆し、再び授賞を決めました。しかしデイビスはまだ賞を受けることに同意していません。16日夜には、「真実と和解のためのバーミングハム委員会」(Birmingham Committee for Truth and Reconciliation)がデイビスを称える別のイベントを開き、3000人以上の人々が集まりました。イベントでは、デイビスと、同じくバーミングハム出身のプリンストン大学教授、イマニ・ペリーとの対話が中心となりました。

最近のニュース

2021/2/26(金)

  • 「システム全体が告発されるべきだ」 ベンジャミン・クランプ弁護士 米国の警察組織の抜本的改革を語る
  • マルコムXの暗殺:元潜入捜査官がFBIと警察による陰謀に加担したことを認める
  • 「真実を明らかにしてほしい」 マルコムXの娘イリヤサ・シャバズが暗殺事件の再調査を支持

2021/2/25(木)

  • 100カ国以上がWTOに求めるワクチン特許の適用免除を米国が阻む理由は?
  • 「まだ諦める気はない」:民主党は上院でも 強い支持がある最低賃金時給15ドルを景気刺激法案に盛り込むことを推し進める
  • 「数十年かけて作られた暴動」:保守主流派と右派の資金が いかにして連邦議事堂襲撃を支えたか

2021/2/24(水)

  • 化石燃料推進派の上院議員が、先住民族初の内務長官となるデブ・ハーランドを質問攻め
  • バイデン大統領がトランプの「メキシコでの待機」政策を撤回、それでも多くの亡命希望者が劣悪な環境の難民キャンプで待機

2021/2/23(火)

  • 米国のCOVID死者数が50万を超えるなか 貧困国に何も残さず富裕国がワクチンを買い占め
  • オクテイヴィア・バトラーを回顧:発掘された2005年のインタビューで黒人SF作家が警告的な物語を共有
  • エイドリアン・マリー・ブラウン:読者世代に大きく影響したオクテイヴィア・バトラーの未来展望

2021/2/22(月)

  • ナオミ・クラインが語る化石燃料ショック・ドクトリン 死を招く規制緩和 テキサス州がグリーン・ニューディールを必要とする理由
  • 規制緩和とはこういうことだ テキサス州で電気代が1万ドルに上昇した人も 多くの人々は今も闇の中
  • 暖房も水もない トイレは溢れている 食事は最悪 テキサス州の刑務所は嵐で「ますます悪化」