アリ・バーマン:ノースダコタ州の共和党は数千人の先住民有権者たちの投票権を剥奪しようとしている

連邦最高裁判所は、アメリカ先住民が中間選挙で投票することを困難にする新たな有権者ID(身分証明)必要条件をノースダコタ州が施行することを認める判決を下しました。ノースダコタ州の新ID法は、有権者の現住所を示す身分証明を見せることを義務付けています。しかし、保留地に住む多くのアメリカ先住民たちは郵便を受け取るのに私書箱を使っているため、多くの部族のIDはこれですでに無効になることになります。この新法によって、民主党上院議員のハイディ・ハイトカンプと彼女の共和党の対立候補ケビン・クレーマーの接戦に違いがでるかもしれません。この選挙戦は、米国の上院の先導権を誰が握るかの決定に影響すると見られています。マザージョーンズ誌の上級記者で、ネイション・インスティテュート(Nation Institute)の報道フェローでもあり、Give Us the Ballot: The Modern Struggle for Voting Rights in America(『我々に投票させよ:米国の投票権を求める近代の闘い』)の著者でもあるアリ・バーマンからも話を聞きます。彼の最新記事のタイトルは、"Inside the Unlikely Movement That Could Restore Voting Rights to 1.4 Million Floridians"(「140万人のフロリダ州民の投票権を回復させる、不可能に近い運動の裏側」)です。

最近のニュース

2020/1/22(水)

  • 「アンドリュー・ジョンソンはまるでトランプのようだった」: トランプの弾劾裁判と1868年のジョンソン弾劾との共通点
  • 「上院が隠蔽に投票」:共和党の上院議員らトランプに加担し弾劾裁判を偏向
  • 拷問者が犠牲者たちに対面:CIA心理学者がグアンタナモ軍事法廷の審問で残忍な手法を擁護
  • 報道を犯罪に:グレン・グリーンウォルド ブラジルで汚職スキャンダルを暴露後、サイバー犯罪で告発される

2020/1/21(火)

  • 見世物裁判? トランプの弾劾裁判が始まり 隠蔽工作で非難されるミッチ・マコネル
  • 投票権擁護者 「トランプの弾劾は私たちの選挙と民主主義を守るために必要」
  • アメリカ国立公文書 2017年のウィメンズマーチの写真を改ざんしトランプ批判メッセージをぼやかす
  • グレタ・ トゥーンベリがダボスで世界の指導者たちに演説 「私たちの家は今も燃えている」

2020/1/20(月)

  • 特別番組:マーチン・ルーサー・キング・ジュニア 彼自身の言葉

2020/1/17(金)

  • 「公正で完全な裁判を」 上院で歴史に残るトランプ大統領弾劾裁判が始まる
  • 4年間も処罰を求めてきました:殺された先住民環境運動指導者ベルタ・カセレスの娘が語る
  • 米国の国境ではマヤ語を話す人々への粗末で不正確な通訳が国外追放につながりかねない

2020/1/16(木)

  • 米上院で弾劾裁判開廷 トランプは弾劾裁判にかけられる史上3番目の大統領となった
  • プーチン ロシア憲法の全面的改憲を提案 自身の権力維持期間が延長される可能性も
  • もう黙ってはいられない:バーバー師と「貧者の運動」貧困についての大統領候補討論会を求める
  • 戦車とAR15自動小銃で武装した警官に空き家から追い出された「住宅を求める母親たち」が声を上げる