デズモンド・ミード:彼自身を含む140万人のフロリダ州元重罪犯が投票権を勝ち取ることを期待

フロリダ州の有権者は、刑期を完全に終えた非暴力重罪犯140万人の投票権を回復させる法案を票決する準備を進めています。フロリダ州の5人に1人のアフリカ系米国人と同州の成人人口の10%は犯罪歴のために投票する資格がありません。米国全体では、重罪の有罪判決を受けた610万人以上が投票する資格がありません。フロリダは、元重罪犯に生涯にわたって投票することを禁じるわずか4州のうちの1つです。他の3州は、アイオワ、ケンタッキー、バージニアです。「ブレナン公正センター」(Brennan Center for Justice)の報告によると、フロリダ州は、アラバマ、ジョージア、ルイジアナ、ミシシッピ、ノースカロライナ、サウスカロライナ、テネシーでの件数を合計したよりも多くの市民の投票権剥奪をしています。フロリダ州で元重罪犯に投票権を再び与える闘いを主導している「フロリダ権利回復連合」(the Florida Rights Restoration Coalition)の議長デズモンド・ミードに話を聞きます。彼は、「公正な民主主義を求めるフロリダ州民」(Floridians for a Fair Democracy)の議長も務めています。彼は元犯罪者で、以前はホームレスでした。彼は今も投票権を剥奪されています。マザージョーンズ誌の上級記者で、ネイション・インスティテュート(Nation Institute)の報道フェローでもあり、Give Us the Ballot: The Modern Struggle for Voting Rights in America(『我々に投票させよ:米国の投票権を求める近代の闘い』)の著者でもあるアリ・バーマンからも話を聞きます。彼の最新記事のタイトルは、"Inside the Unlikely Movement That Could Restore Voting Rights to 1.4 Million Floridians"(『140万人のフロリダ州民の投票権を回復させる、不可能に近い運動の裏側』)です。

最近のニュース

2020/8/13(木)

  • ドナルド・トランプが失敗したのは「明らか」:カマラ・ハリス 大統領のパンデミック対策を批判
  • カマラ・ハリスは進歩派検事だったのか?ハリスの地方検事と州司法長官時代を振り返る
  • ボリビアでゼネストと幹線道路封鎖が11日目に 抗議者はクーデター政府の選挙先延ばしを非難

2020/8/12(水)

  • 歴史的な副大統領候補カマラ・ハリス 「最高の取締官」の経歴が「黒人の命も大切」抗議の中で再吟味される
  • ナチスがジム・クロウから学んだこと:イザベル・ウィルカーソンが米国の人種カースト制度を語る

2020/8/11(火)

  • ベイルートの爆発をめぐる市民の怒りの中でレバノン内閣が辞職 抗議デモは構造的改革を要求
  • 米国はなぜパンデミックに負けたのか:エド・ヤングが語るCOVID-19が地球上で最強の国に屈辱を与えた過程
  • 「刑務所は人間の居住にはふさわしくない」:新型コロナウイルスの死者数25人に 声を上げるサン・クエンティンの囚人たち

2020/8/10(月)

  • レバノン内閣総辞職 大爆発、経済危機、腐敗に怒る抗議デモうけ
  • トランプ大統領は郵便投票への攻撃の一つとして大統領選前に郵便事業を妨害するつもりか
  • 数百万人が強制退去や失業に直面 トランプの新大統領令は何の助けにもならない

2020/8/7(金)

  • 「世界一危険な男」 メアリー・トランプ 叔父のトランプを政権から追うべき理由を語る