メキシコの裁判所 行方不明の学生43人の新たな捜査を監督する「真実委員会」の設置を指示

メキシコ連邦最高裁は、2014年のアヨツィナパ師範学校の学生43人が行方不明になった事件に対する政府の捜査を事実上、打ち切りとし新たな捜査の開始を指示しました。判事3人からなる審判団は6月4日、同事件の容疑者とされる数名の再審査の求めに対する判決をだしました。容疑者たちは、拷問により自白を強要されたと主張しています。これに対し審判団は満場一致で今回の事件に関する広範囲に渡る起訴は「迅速でも効果的でもなく、独立性を保つ公平なものではなかった」という判決を出しました。判事らはまた、メキシコ検事当局は重要な証拠を調べなかったとし、「メキシコ軍や連邦警察の一員による関与が疑われるのに、この方面への捜査を行った形跡はない」と記しています。アムネスティ・インターナショナルは今回の判決を、真実と正義への重要な進歩だと歓迎しています。メキシコの調査報道ジャーナリスト、アナベル・エルナンデスに更に詳しい話を聞きます。エルナンデス記者は新著The True Night of Iguala(『イグアラの夜の真実』)で、43人の学生らが行方不明になり大量虐殺されたとみられる事件へメキシコ軍兵士がいかに関与したかを明かしています。

最近のニュース

2019/1/15(火)

  • 「公教育は億万長者たちのおもちゃではない」ロサンゼルスの教師たちが民営化と低予算に反対してストライキ
  • トランプが 司法長官に指名したウィリアム・バー グアンタナモ米軍基地、大量投獄、国家安全保障局の監視について問われるか?
  • ソノラ砂漠を横断する移民への救命援助提供で実刑判決に直面するアリゾナ州の活動家

2019/1/14(月)

  • 「グローブランドの4人」 1949年のジム・クロウ時代にレイプ犯とされた男性4人をフロリダ州が死後恩赦
  • 政府機関の閉鎖が長引くなか 歳入庁(IRS)は富裕層・企業支援を続行 標的は貧しい人々

2019/1/11(金)

  • 独占報道:公民権賞の取り下げ後はじめてアンジェラ・デイビスが口を開く パレスチナ BDS その他もろもろ

2019/1/10(木)

  • 環境保護局から運輸保安局まで 米政府の閉鎖で国民の健康と安全を守る政府機関にも資金は回らず
  • パブリック・シチズン:トランプのような独裁主義者が非常事態宣言を出した場合の空恐ろしい可能性
  • 3週間近くに及ぶ連邦政府閉鎖で 国立公園ではゴミとトイレがあふれたままに
  • 犯罪者扱いされる性暴力のサバイバー 「シントイア・ブラウンと同じ境遇の人は数千人いる」とマリアム・カーバ
  • 大量国外退去処分を前に 在米ハイチ人が一時保護待遇措置の存続を求めトランプ政権を訴える

2019/1/9(水)

  • 「人種差別主義者、外国人嫌いの攻撃だ」:移民の権利活動家がメキシコ国境についてのトランプ演説を非難
  • バーニー・サンダース、トランプの国境壁の演説、大統領府の移民問題に反論
  • NBCのベテラン記者 永久戦争をあおるメディアは「トランプのサーカスだ」と批判して辞職
  • ウィリアム・アーキン:忍び寄る国土安全保障省のファシズム CIAとFBIがトランプ阻止の手段にならない理由