アイオワ州の中絶法から中絶クリニックへの暴力の増加まで セシル・リチャーズ女性の健康への攻撃を語る

アイオワ州知事は5月4日、全米で最も厳しい中絶制限法案に署名しました。この新たな法律は、中絶を求めるすべての女性に、腹部の超音波検査を受けることを義務付けるものです。この法律は、胎児の心音が確認されれば中絶を禁止します。胎児の心音が確認されるのは大抵の場合、多くの女性が妊娠したことすら気付かない妊娠6週目からです。一方、サウスカロライナ州では、同州の最大97%の中絶を禁止する共和党の中絶禁止法を無効化するために、民主党議員たちが議事妨害を使いました。一方、連邦控訴裁判所は4月、当時インディアナ州知事だったマイク・ペンス副大統領が2016年に署名したインディアナ州の中絶法は違憲だという判決を下しました。この法律は、胎児が障害を持って生まれてくる可能性がある場合も含め、女性が中絶を求める資格を制限するものでした。全米における女性のリプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する女性の自己決定権)への攻撃について、セシル・リチャーズにさらに詳しく話を聞きます。彼女は、12年間務めた米国家族計画連盟の代表を引退したばかりです。彼女は最近、新たな回顧録Make Trouble: Standing Up, Speaking Out, and Finding the Courage to Lead(『メイク・トラブル:立ち向かうこと、声を上げること、導く勇気をみつけること』)を出版しました。この本の中で彼女は「私の人生で初めて、私の娘たちが持つ権利が私の頃よりも少なくなるかもしれないと思っている」と書いています。

最近のニュース

2019/2/21(木)

  • 「貧困による罰」を終わりにする:米最高裁が高額な罰金と民事没収に反対判決
  • トランプ政権 新たな気候変動委員会の長に気候変動否定派を任命 過去に気候変動科学者をナチ呼ばわりした人物
  • 『居住不可能な地球』気候変動がもたらす混沌と悲惨な影響を果敢に明らかにする新著

2019/2/20(水)

  • サウジアラビアへの核技術売却をめぐるトランプ政権の秘密協議 軍拡競争の新たな脅威に
  • サウジの学者:私の父は サウジアラビアで人権支援の活動をしたために死刑に直面している
  • 米国で刑事告発に直面するサウジアラビア人たちが次々と失踪。サウジ王国は彼らの逃走を助けているのか?

2019/2/19(火)

  • ベネズエラ危機:米国が政権交代を強要する中で高まる内戦と飢餓の恐れ
  • 数十億ドルの企業助成政策を廃止する動きが活性化するNY市にアマゾン社が敗北 

2019/2/18(月)

  • 全米でシャバットの集い ユダヤ人の活動家たちがアンジェラ・デイビスに連帯
  • アンジェラ・デイビスがバーミングハムに帰郷 パレスチナの権利と世界の自由闘争を語る
  • バーミングハム公民権協会がアンジェラ・デイビスへの人権賞授賞を再決定 「決めるのはコミュニティー」とデイビス

2019/2/15(金)

  • パブリックシチズン:トランプの国家非常事態宣言は全面的な独裁体制への道を開く
  • デイビッド・バーンハートの内務長官任命はトランプ自身が発令した倫理規定に違反?
  • 移民活動家:民主党は国境警備や米国土安全保障省(DHS)資金を承認しトランプに屈服している
  • 難民たちはトランプ政権の政策によりメキシコの廃工場に投獄されている
  • 「扇動しろ、扇動しろ!」フレデリック・ダグラス201歳の誕生日に玄孫が唱える
  • イブラム・X・ケンディ:癌を克服する&バージニア州知事ラルフ・ノーサムに推薦する反人種差別読書リスト