国連が歴史的な核兵器禁止条約を検討するも 米国は会議のボイコットを先導

今週、約120カ国が核兵器禁止条約起草のために国連に集まりました。しかし、米国はこの会議のボイコットを先導しています。一方、2000人以上の科学者が今回の国連の会合を支持する公開書簡に署名し、3月28日には教皇フランシスコも国連に核兵器の「完全廃絶」を目指すよう促しました。物理学者であり核専門家、軍縮活動家のジア・ミアンに話を聞きます。ミアンはプリンストン大学のウッドロー・ウィルソン国内国際問題大学院(Woodrow Wilson School of Public and International Affairs)の「科学および世界安全保障プログラム」(Program on Science and Global Security)共同ディレクターです。

最近のニュース

2019/9/20(金)

  • 「若者はもうがまんの限界」グローバル気候ストライキの青年活動家が今日行進をする理由
  • アフガン青年 初の国連ユース気候サミットに参加が決まるも米国はビザ発給を拒否
  • ケルシー・ジュリアナ対米国 気候変動危機で連邦政府を訴える若い女性に聞く

2019/9/19(木)

  • アムネスティ・インターナショナル事務総長:気候変動危機は人類への「死刑宣告」 指導者たちには行動する政治的決意が必要
  • 元独裁者をレイプで告発 ガンビアのMeToo運動のきっかけを作ったビューティー・クイーンにインタビュー

2019/9/18(水)

  • イスラエル総選挙、決着は未だ不明「究極の敗者」はパレスチナ人
  • 全米自動車労組(UAW)のストライキが3日目に突入、労働者5万人がゼネラル・モーターズ(GM)に何十億ドルにおよぶ利益の分配を要求
  • 『打ち倒されて、奮い立ち』:スティーブン・グリーンハウスが語るアメリカ労働者の過去、現在、未来

2019/9/17(火)

  • ナオミ・クライン 気候危機には根本的な変化が必要 紙製のストローは一時しのぎで解決策ではない
  • 『オン・ファイヤー』 ナオミ・クライン 新刊でグリーン・ニューディールが地球を救うと論証
  • ナオミ・クライン グレタ・トゥーンベリは気候正義のための闘いの「予言的な声」
  • エコファシズム:ナオミ・クラインが警告 極右の白人至上主義包摂は気候危機と関連あり

2019/9/16(月)

  • サウジの石油施設攻撃 米国とイランを含む「広範囲の地域戦争」になる恐れ
  • 「われわれメディアは仕事を怠ってきた」 250以上のメディアが気候危機の報道強化を約束
  • 「生物学的絶滅だ」 アラスカの北極圏野生生物保護区で石油・ガス採掘を解禁する危険