近年最大規模の米国労働者実力行使 3 万 9 千人のベライゾン労働者スト 6 週目に突入

マサチューセッツからバージニアに至る東海岸で、4 万人近くのベライゾン労働者が米国で近年最大のストライキに突入してから今日で 6 週目になります。8 月にベライゾンが年金に上限を設け、福利厚生を切り詰め、業務のメキシコ、フィリピン、ドミニカ共和国への外注を試みて以来、労働者は契約のない状態に置かれています。24 日、ベライゾンの最高経営責任者ロウエル・マクアダムは、インターネットや電話の新規設置作業のストライキによる遅延のため同社の第二四半期の利益に大きな影響が出る可能性を認めました。金融アナリストたちは、このストで今年ベライゾンの利益は 2 億ドル減少し、第二四半期だけでも収益で 3 億 4,300 万ドルの損失が生じると予測しています。ベライゾンのストを組織しているのは、米国通信労働組合と国際電気工組合という 2 つの組合です。ベライゾン労働者のパメラ・ギャルパーン、そして米国通信労働組合副議長補佐のボブ・マスターから話を聞きます。

最近のニュース

2019/7/19(金)

  • 反人種主義歴史家:オマル議員への攻撃は「アメリカは白人の国」という信念に根ざしている
  • 内部告発で2003年のイラク侵略をあわや止めかけた英国人女性 最新映画が描く

2019/7/18(木)

  • プエルトリコ 下劣なメールと汚職問題で ロセージョ知事の辞任を求め10万人近くがデモ
  • 「これは戦争と言うだけではない 私たちの人生なのだ」戦乱のシリアを描き称賛される貴重なドキュメンタリー『サマのために』

2019/7/17(水)

  • 「彼らはやるべき仕事をやらなかった」:エリック・ガーナーの家族は彼を死なせた警察を司法省が訴追しないことに激怒
  • アマゾンが同業他社より安値で販売を続ける中 労働者は同社に対し公正な賃金と労働条件を要求
  • 世界で一番幸せな場所? ディズニーの遺産相続人がディズニーランドの労働者酷使について批判

2019/7/16(火)

  • 「私たちのチームは大きい」下院議員のオカシオ=コルテス、オマル、タリーブ、プレスリーがトランプの人種差別攻撃を非難
  • 2020年の大統領選出馬フリアン・カストロが移民・税関捜査局(ICE)の解体を公約 トランプの新たな難民申請規則は違憲と言及
  • 大統領選出馬のフリアン・カストロがアマゾン社とマクドナルド社の労働者ストライキを支援

2019/7/15(月)

  • 「残酷さを見せつけるのが目的」 移民当局の強制捜査に移民が震えるなかコミュニティは抵抗に立ち上がる
  • 「私たちは恐怖におののいている」 コロラド州で教会の庇護下にある無届移民が強制捜査を語る
  • 「化石燃料業界のパペット」 豪雨でルイジアナ州と南アジアで死者が出るもペンスとトランプは気候変動を否定