世界中の独裁者を訴える:人権法を改革してきたマイケル・ラトナーの功績を振り返る

マイケル・ラトナーは60年代から活動家として人権保護に取り組んできました。1968年、コロンビア大学での学生ストライキの時、ラトナーは同大学のロースクールの学生でした。1971年に「憲法上の権利センター」(Center for Constitutional Rights)の一員となったラトナーが、初めて担当した裁判は、ニューヨーク州北部にあるアッティカ刑務所暴動で死傷した囚人のための訴訟でした。ラトナーはラテンアメリカおよびカリブ海地方にも深く関わり、キューバ、ハイチ、ニカラグア、グアテマラ、プエルトリコ他における米国の政策に異議を申し立ててきました。1981年ラトナーは、戦争権限法にのっとるエルサルバドルでの軍の出動に異議を唱える初の裁判を起し、米国が支援したニカラグアの反政府勢力「コントラ」の兵士がレイプ、殺害、そして拷問したニカラグア人被害者の代理人として米国当局者を訴えました。1991年ラトナーは、議会の承認なく対イラク戦争を実行したとして初代ブッシュ大統領の大統領権限に疑問を呈し、「憲法上の権利センター」による訴訟の指揮を取りました。それから10年後、2代目ブッシュ大統領を率先して批判したラトナーは、グアンタナモ基地、拷問、米国内の監視活動、そして2003年のイラク侵攻に関する裁判の支援をしました。ラトナーはまた、「パレスチナ・リーガル」(Palestine Legal)の発足に関わり、米国内でパレスチナ人の人権保護を訴える活動家の権利を擁護しました。ラトナーと親しかった友人で、同じく弁護士の3人に話を聞きます。ヒューマン・ライツ・ウォッチのリード・ブロディ、「憲法上の権利センター」役員のマイケル・スミス、そして同センター代表でピッツバーグ大学法学部教授のジュールズ・ロベルです。

最近のニュース

2019/11/15(金)

  • 「ここが私の祖国」 DACA存続のための最高裁の訴訟における原告代表と話す
  • コリー・ブッカー上院議員 米国における環境正義・原子力・「野蛮な人種格差」について語る
  • ロドニー・リードに正当な裁きを:無罪を示す新証拠の出現で数百万人がテキサス州に死刑執行中止を求める

2019/11/14(木)

  • 第一回大統領弾劾公開公聴会 ウクライナのバイデン親子捜査への圧力にトランプが加担
  • 「こんなことは許されない」:ニクソン弾劾に賛成票を投じた元下院議員 トランプはならず者大統領だと語る
  • チリ人活動家:社会的危機をもたらしたエリートに新憲法は任せられない
  • コード・ピンク創設者メディア・ベンジャミン 米国の海外干渉に抗議した後 逮捕すると脅される

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論

2019/11/12(火)

  • 「土壇場の民主主義」ブラジルでのルラの釈放はボルソナーロ大統領への抵抗運動の勝利
  • 現金保釈の廃止と司法制度改革を公約したチェサ・ブーダンがサンフランシスコ地方検事選で勝利
  • 「シアトルは売りものではない」有権者によるアマゾン社への不満表明 社会主義者クシャマ・サワント再選

2019/11/11(月)

  • 「これは軍事クーデターだ」 ボリビアのエボ・モラレス大統領が軍の要求に応じて辞任
  • エリザベス・ウォレンが語る 環境正義 パイプラインの閉鎖 資本主義と大富豪