世界最悪の核災害チェルノブイリから30年 米国の活動家たちが現在進行するリスクを警告

ロスアラモス国立研究所の本拠地で、核時代の発祥の地であるニューメキシコ州から放送しています。第二次大戦で使用された原子爆弾はこの場所で設計・開発されました。現在もここは、米国が所有するすべての核兵器を設計する2つの研究施設のうちの1つです。本日4月26日は、今でも史上最悪の核災害といわれる、旧ソビエト連邦のウクライナで起こったチェルノブイリ原子力発電所事故から30周年に当たります。この事故で大量の放射性降下物がロシア、ベラルーシ、ヨーロッパの広範囲に降下しました。チェルノブイリ周辺に住む5万人の住民は退避させられ、この地方の広大な地域が居住不可能になりました。このチェルノブイリ原発事故と、日本で5年前の2011年3月に起こった福島第一原子力発電所事故が遺したものは、特にこの米国南西部と西部の住民にとっては他人事ではありません。もう1つの研究施設はカリフォルニア州のローレンス・リバモア国立研究所の中にあります。番組では最近、リバモア市の住民で、市民団体トライバレー・ケアーズ(Tri-Valley CAREs:放射能環境に反対するコミュニティ)の代表を務めるマリリア・ケリーにインタビューしました。同団体は、「核の説明責任追及連合」(Alliance for Nuclear Accountability)と連携して、新たな報告書Trillion Dollar Trainwreck: Out-of-control U.S. nuclear weapons programs accelerate spending, proliferation, health and safety risks(『1兆ドルの大惨事:米国の制御不能の核兵器計画が財政支出、核の拡散、健康と安全の危機をさらに拡大させる』)を発表したばかりです。

☆このセグメントは、2016年度学生字幕翻訳コンテストの課題に取り上げられています。→  http://democracynow.jp/contest/

最近のニュース

2017/9/22(金)

  • イエメンで民間人16人殺害の爆弾は米国製 アムネスティ・インターナショナルが発表
  • 「彼の笑いは戦いの雄叫び」 コメディアンで偉大な人権活動家ディック・グレゴリー追悼に数千人
  • 北朝鮮との緊張が続く中 米国の反対を尻目に51カ国が核兵器禁止令に署名

2017/9/21(木)

  • プエルトリコに迫る大規模な環境災害 ハリケーン「マリア」と大規模停電が追い討ち
  • 「核戦争は現実的脅威」とジェフリー・サックスが警告  トランプが北朝鮮を「完全に破壊する」と脅す中
  • 経済学者ジェフリー・サックス:イランとの戦争を望まない米国市民は いま声をあげるべきだ
  • 国連総会は気候変動対策を最優先も トランプ政権はパリ協定からの離脱を再宣言
  • 「長き一夜」 作家アンドレア・ピッツァーが強制収容所の歴史と今日の不寛容の高まりを語る

2017/9/20(水)

  • メキシコ地震で数百人が死亡 1985年の大地震の記念日に
  • ハリケーン・マリアがプエルトリコ直撃 ここ百年で最大級になるおそれ
  • オバマケア改廃への賛成票確保をめざし 共和党上院議員が最後のあがき
  • 軍部の民族浄化作戦が続行されれば すべてのロヒンギャがミャンマーから追放されかねない 支援者が警告
  • トランプ大統領 キューバを「世界のほとんどにとって敵」と糾弾 制裁の継続を言明

2017/9/19(火)

  • ルイス・グティエレス下院議員:DACAの撤廃のようなトランプの「人種差別」政策に彼が抗議する理由
  • ドゥルセ・ガルシア:DACA撤廃でトランプを提訴したドリーマーで移民弁護士
  • 現在Airbnbで利用可能なトランプの幼年期の家に難民たちが移民への弾圧抗議のために滞在

2017/9/18(月)

  • ナオミ・クライン:トランプの同意を得るために欧州はパリ協定を骨抜きにするかもしれない
  • ナオミ・クライン:ハリケーン被災地で「ショック・ドクトリン」が稼動し始めている
  • ノーでは足りない:バーニーの国民皆保険草案と民主党の未来をナオミ・クラインが語る