コロラド州初の黒人女性大麻企業家が語る食用利用、投獄、大麻産業の目撃証言

コロラド州の、デンバーから生中継でお届けします。コロラド州では2012年の住民投票で、娯楽目的のマリファナ使用を合法化することが決まりました。現在、米国の23の州とコロンビア特別区で医療目的や娯楽目的のマリファナの使用が合法化されており、大麻産業は米国内で最も急成長している産業の一つです。しかし、大麻販売が生み出す何十億のお金を手にしようとする人々に対し、疑問の声もあがっています。ベストセラーThe New Jim Crow: Mass Incarceration in the Age of Colorblindness(『新たな黒人隔離:カラーブラインド時代の大量投獄』)の著者ミシェル・アレグザンダーは、麻薬政策連盟(the Drug Policy Alliance)との会話の中で、「白人男性が、大々的に大麻事業に乗り出し、大麻の販売で一攫千金をもくろんでいます。でも、これまで40年間にわたり、貧しい黒人の子どもがマリファナを売った罪で投獄され、家族も未来も破壊されてきたのです。それなのに今、白人男性が、まったく同じ行為をして、金持ちになろうとしているのです」と指摘します。デンバーに拠点を置くマリファナ薬局シンプリー・ピュアの代表取締役ワンダ・ジェイムズに話を聞きます。彼女はコロラド州でマリファナ薬局を経営している初めてのアフリカ系アメリカ人女性です。彼女が薬局事業を思い立ったきっかけは、自分の兄弟が17歳の時に麻薬関連の軽罪で投獄され、自由を得るためにテキサス州で4年間の綿花摘み労働を強いられたという体験です。

☆このセグメントは、2016年度学生字幕翻訳コンテストの課題に取り上げられています。→ http://democracynow.jp/contest/

最近のニュース

2018/7/16(月)

  • 米露会談 トランプとプーチンを迎えたのは大規模な抗議デモ 人権や言論の自由 気候変動対策を求め
  • トランプ・プーチン会談は「米国にとって危険」か「核大国に欠かせない重要な外交」か 識者の討論

2018/7/13(金)

  • トランプ政権はメキシコ人記者を勾留して彼の「言論の自由」を侵害した恐れありと裁判所が判定
  • 国境で我が子と引き離された親は 亡命を認められるために再び別れざるを得ないのか?
  • 英国の反トランプデモを批判するテレビ司会者を「バカ」と呼んだ活動家に聞く
  • 訪英したトランプはメイ首相を屈辱 極右政治家ボリス・ジョンソンを称賛しムスリムのロンドン市長を非難

2018/7/12(木)

  • カトリーナ・バンデン・ヒューベル NATOの軍事費 冷戦による核の大惨事回避を語る
  • 大統領就任後初の英国訪問 数万人の抗議者がトランプを揶揄するベビー型気球を飛ばして迎える
  • 「古い体制は消えつつある」:英国と米国に巻き起こる進歩派の草の根運動

2018/7/11(水)

  • トランプ政権は引き離された親子再会の期限を守れず 米保健福祉省長官は子どもたちの収監を「寛大な行い」と自賛
  • マーク・ワイズブロット:ベネズエラへの軍事侵攻をほのめかすトランプの脅威は 米国の政権交代戦略の一環
  • IMF暴動の新時代:ハイチで 燃料高騰を撤回させる抗議行動
  • ネバダ州は フェンタニルと処刑失敗に関連した薬物で囚人の死刑執行を行う計画