タナハシ・コーツが語る警察の凶暴性:「暴力は新しくない、カメラが新しいのだ」

Between the World and Me (『世界と私の間に』)の著者、タナハシ・コーツに時間いっぱいを使って話を聞きます。この新著は、米国の白人至上主義、そして黒人として米国に生きることを描いた衝撃的な一冊です。同書は、コーツの10代の息子サモリに宛てた書簡の形態をとっています。コーツは7月、故郷ボルティモアでこの本の刊行イベントを行いました。歴史的なユニオン・バプテスト教会で話しました。「我々を守るために雇われた者が、我々に致命傷を負わせることがあるー現在、全米でこのような話が繰り広げられているようです。しかし私にとって、これは昔からしてきた会話です。多くの人がそう思うはずです。新しいのはカメラというツールなのです。暴力自体は新しいものではありません」コーツは言います。

最近のニュース

2020/8/13(木)

  • ドナルド・トランプが失敗したのは「明らか」:カマラ・ハリス 大統領のパンデミック対策を批判
  • カマラ・ハリスは進歩派検事だったのか?ハリスの地方検事と州司法長官時代を振り返る
  • ボリビアでゼネストと幹線道路封鎖が11日目に 抗議者はクーデター政府の選挙先延ばしを非難

2020/8/12(水)

  • 歴史的な副大統領候補カマラ・ハリス 「最高の取締官」の経歴が「黒人の命も大切」抗議の中で再吟味される
  • ナチスがジム・クロウから学んだこと:イザベル・ウィルカーソンが米国の人種カースト制度を語る

2020/8/11(火)

  • ベイルートの爆発をめぐる市民の怒りの中でレバノン内閣が辞職 抗議デモは構造的改革を要求
  • 米国はなぜパンデミックに負けたのか:エド・ヤングが語るCOVID-19が地球上で最強の国に屈辱を与えた過程
  • 「刑務所は人間の居住にはふさわしくない」:新型コロナウイルスの死者数25人に 声を上げるサン・クエンティンの囚人たち

2020/8/10(月)

  • レバノン内閣総辞職 大爆発、経済危機、腐敗に怒る抗議デモうけ
  • トランプ大統領は郵便投票への攻撃の一つとして大統領選前に郵便事業を妨害するつもりか
  • 数百万人が強制退去や失業に直面 トランプの新大統領令は何の助けにもならない

2020/8/7(金)

  • 「世界一危険な男」 メアリー・トランプ 叔父のトランプを政権から追うべき理由を語る