NSAの大量監視に違法判決:スノーデンの正しさを証明 愛国者法の先行きは不透明に

連邦控訴裁判所は、国家安全保障局(NSA)が何百万人もの米国人の通話記録を大量収集することは違法であるとの判断を下しました。このプログラムはNSA内部告発者エドワード・スノーデンによって暴露され、その情報に基づいてアメリカ自由人権協会(ACLU)が訴訟を起こしていました。5月7日、ニューヨーク州に置かれた連邦第2巡回控訴裁判所の3人の裁判官による審議の結果、大量の通話記録収集は「前例がなく、正当性がない」と全員一致で判決が下されました。この判決は、NSAによる大量データの監視を正当化している愛国者法を議会が更新する期限が6月1日に迫る中で下されました。もう一つの対策提案である「米国自由法」法案が、このNSAプログラムの一部改正を制限する可能性もあります。本日は、NSAによる米国民の通話記録の大量収集に異議を唱えて提訴したアメリカ自由人権協会(ACLU)の副法務主任のジャミール・ジャファーに話を聞きます。

最近のニュース

2017/8/16(水)

  • ダラムの南軍兵士像を引き倒し白人至上主義に挑んだ大学生
  • ブリー・ニューサム: シャーロッツビルは、米国での白人至上主義者によるテロ行為の長い歴史の最終章
  • オンティファ:街頭での白人至上主義に対峙する反ファシスト運動

2017/8/15(火)

  • タナハシ・コーツ:ドナルド・トランプが辞任してホワイトハウスを去るのが見たい
  • タナハシ・コーツ 「トランプと共和党の人種差別の歴史を考えればシャーロッツビルでの暴動は予測可能だった」
  • 『我々は8年間権力の座にあった』:タハナシ・コーツが語るオバマ、トランプと「良い黒人政府」への白人の恐怖
  • タハナシ・コーツが語る市町村が地方レベルで奴隷制への補償を勝ち取る過程

2017/8/14(月)

  • シャーロッツビル 白人至上主義者の攻撃の生存者ら「疑問の余地はない これはテロだ」
  • コーネル・ウエスト&トレイシー・ブラックモン:シャーロッツビルの聖職者はたいまつを掲げたネオナチの罠にかかった
  • バージニア大教員が語る バ大とKKKの歴史的つながり 卒業生には白人ナショナリストのリチャード・スペンサーとジェイソン・ケスラーも
  • トレイシー・ブラックモン師:トランプ政権は憎悪に許可証を発行している

2017/8/11(金)

  • グアムで米軍駐留への抵抗拡大 北朝鮮による沿岸へのミサイル発射の威嚇で
  • イエメン人学生など数千人の米ビザ獲得者がトランプの入国禁止令により事実上ビザを拒否される

2017/8/10(木)

  • 米国が北朝鮮との交渉につとめず戦争をちらつかせる理由は?
  • アンドリュー・バセヴィッチ:トランプ政権の初の国家安全保障危機管理である北朝鮮への対応は かなり危うい
  • 元米司法省公民権部門トップ:セッションズ司法長官は公民権を後退させる方針を実行中