教皇の伝記著者 フランシスコが花形外交官・改革提唱者となった過程を語る

教皇フランシスコは今年、花形外交官のような活躍を見せました。キューバと米国の関係改善に決定的な役割を演じ、両国の大統領から名指しで謝意を表明さ れたり、12月にはグアンタナモ米軍基地の捕虜収容所の閉鎖という、米国がもう一つの外交上のハードルを越えるためにも援助の手を差しのべました。教皇は、国際的な人脈を通じて人道的な解決法を見つけるために手を貸したと報じられています。教皇フランシスコについての新しい伝 記The Great Reformer: Francis and the Making of a Radical Pope(『偉大な改革者: 急進的教皇フランシスコの誕生までの道のり』)の著者オースティン・アイバリーと共に、教皇の達成した数々の変革をおさらいします。女性の地位の問題につ いては、教皇は女性司祭の叙任を認めるところまではいかないまでも「より重要で広範な参加の機会を提供する」ようカトリック教会に呼びかけています。また、 ラテンアメリカの「解放の神学」は数十年にわたって社会主義的な傾向があるとしてバチカンから攻撃されてきましたが、フランシスコ教皇は近年その重要性を 認める方向に動いています。

最近のニュース

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼

2020/5/27(水)

  • ジョージ・フロイドからクリス・クーパーまで:イブラム・X・ケンディが語る、米国の黒人が直面する「人種差別テロ」
  • 感染の人種別データの追跡:イブラム・X・.ケンディ、データの向上により明らかにされる新型コロナウイルス感染の実像
  • 「おぞましき怠慢」:移民税関捜査局の拘留中にCOVID-19感染者が死亡 収容移民の大量解放を求める声が高まる

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること

2020/5/25(月)

  • ノーム・チョムスキーに聞く 破滅的なトランプの新型コロナ対応、WHO、中国、ガザ、グローバル資本主義

2020/5/22(金)

  • アーマド・アーベリ殺害事件で第3の白人男性容疑者が逮捕される 司法省はヘイトクライムとして起訴を検討中
  • 警察署長の引退表明を受けFBIがブレノア・テイラー射殺事件の捜査に乗り出す
  • 下痢、脱水症、飢餓、消耗:インドではコロナ封鎖で農村部の貧困層が最も被害を受ける
  • マイク・デイビス:パンデミック最中に50州の封鎖解除で労働者は収入と健康のあいだの「ソフィーの選択」に直面