教皇の伝記著者 フランシスコが花形外交官・改革提唱者となった過程を語る

教皇フランシスコは今年、花形外交官のような活躍を見せました。キューバと米国の関係改善に決定的な役割を演じ、両国の大統領から名指しで謝意を表明さ れたり、12月にはグアンタナモ米軍基地の捕虜収容所の閉鎖という、米国がもう一つの外交上のハードルを越えるためにも援助の手を差しのべました。教皇は、国際的な人脈を通じて人道的な解決法を見つけるために手を貸したと報じられています。教皇フランシスコについての新しい伝 記The Great Reformer: Francis and the Making of a Radical Pope(『偉大な改革者: 急進的教皇フランシスコの誕生までの道のり』)の著者オースティン・アイバリーと共に、教皇の達成した数々の変革をおさらいします。女性の地位の問題につ いては、教皇は女性司祭の叙任を認めるところまではいかないまでも「より重要で広範な参加の機会を提供する」ようカトリック教会に呼びかけています。また、 ラテンアメリカの「解放の神学」は数十年にわたって社会主義的な傾向があるとしてバチカンから攻撃されてきましたが、フランシスコ教皇は近年その重要性を 認める方向に動いています。

最近のニュース

2019/11/14(木)

  • 第一回大統領弾劾公開公聴会 ウクライナのバイデン親子捜査への圧力にトランプが加担
  • 「こんなことは許されない」:ニクソン弾劾に賛成票を投じた元下院議員 トランプはならず者大統領だと語る
  • チリ人活動家:社会的危機をもたらしたエリートに新憲法は任せられない
  • コード・ピンク創設者メディア・ベンジャミン 米国の海外干渉に抗議した後 逮捕すると脅される

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論

2019/11/12(火)

  • 「土壇場の民主主義」ブラジルでのルラの釈放はボルソナーロ大統領への抵抗運動の勝利
  • 現金保釈の廃止と司法制度改革を公約したチェサ・ブーダンがサンフランシスコ地方検事選で勝利
  • 「シアトルは売りものではない」有権者によるアマゾン社への不満表明 社会主義者クシャマ・サワント再選

2019/11/11(月)

  • 「これは軍事クーデターだ」 ボリビアのエボ・モラレス大統領が軍の要求に応じて辞任
  • エリザベス・ウォレンが語る 環境正義 パイプラインの閉鎖 資本主義と大富豪

2019/11/8(金)

  • 史上初の環境正義をめぐる大統領候補者討論会にウォーレン、ブッカー、ステイヤーなどが参加
  • 「民主党全国大会まで待つ余裕はない」黒人議員が環境正義フォーラムを開催した理由
  • オレンジバーグ虐殺事件の追悼:1968年に警察が3人の武器を持たない黒人学生を射殺