NYの警官殺害で市警組合が市長と抗議デモ参加者の責任と非難 平静を呼びかける声ひろがる

ニューヨークは、数年ぶりに発生した警察官を狙った殺人事件の余波への対応に追われています。ウェンジアン・リウ警官とラファエル・ラモス警官は20日、ブルックリン地区でパトカーに乗っているところを白昼、襲われました。発砲したとみられる28歳のイズマイル・ブリンズリー容疑者は近くの地下鉄駅に逃げ込み、そこで銃で自殺しました。ブリンズリーはメリーランド州で事件の数時間前、元恋人を銃で撃って負傷させていました。その後、彼女のインスタグラムのアカウントを使用し、エリック・ガーナーやマイケル・ブラウンの死への報復のために警察官を殺害することを示唆した反警察メッセージを出していました。ブリンズリーは度々違法行為を行い、数回逮捕され、少なくとも2年間刑務所に入っていました。彼の家族によると彼は精神的な問題を抱えており、1年前には自殺未遂を図っていたとの報告もあります。ですがニューヨーク最大の警察官組合の会長は、警察官の行き過ぎた暴力に対して最近行われている抗議行動と、この抗議行動の問題意識に共感を表明したビル・デブラシオNY市長に責任があると非難しています。事件後、警察労組「警察官相互扶助組合(PBA)」のパトリック・リンチは「今夜、多くの人が殺人に加担した。その人たちとは、ニューヨーク市警察官が毎日行ってきたことを壊そうとする、デモを口実にし路上で暴力をあおった人たち。・・・警官の死に責任がある者たちの筆頭は、市庁舎の階段、市長室の中にいる」と述べています。警察官殺害、そして警察官の行き過ぎた暴力に対して最近行われているデモと警察官コミュニティとの間の関係の展開について、2人のゲスト、ニューヨーク市警察の元刑事でアマドゥ・ディアロ基金役員のグラハム・ウェザースプーンと米紙ガーディアンのウィークリー・コラムニストのスティーブン・スラシャーに話を聞きます。

最近のニュース

2019/11/19(火)

  • ボリビア国連大使「『人種差別的エリ―ト』がボリビアを新自由主義に戻すためクーデター策略」
  • ヌーラ・エラカット 米国によるイスラエル入植の承認は「人種隔離体制を堅固にする」
  • #予備選は白人だらけ:最も白人が多い2つの州が大統領候補に最初に投票する理由

2019/11/18(月)

  • イランの機密流出 米国が「潰した」イラクにイランが深く介入
  • ボリビア コチャバンバの虐殺 クーデターを非難する大規模デモの一方で先住民への暴力が加速
  • テキサス裁判所がロドニー・リードの死刑執行を停止 1996年殺人事件について無実を証明する機会を得る

2019/11/15(金)

  • 「ここが私の祖国」 DACA存続のための最高裁の訴訟における原告代表と話す
  • コリー・ブッカー上院議員 米国における環境正義・原子力・「野蛮な人種格差」について語る
  • ロドニー・リードに正当な裁きを:無罪を示す新証拠の出現で数百万人がテキサス州に死刑執行中止を求める

2019/11/14(木)

  • 第一回大統領弾劾公開公聴会 ウクライナのバイデン親子捜査への圧力にトランプが加担
  • 「こんなことは許されない」:ニクソン弾劾に賛成票を投じた元下院議員 トランプはならず者大統領だと語る
  • チリ人活動家:社会的危機をもたらしたエリートに新憲法は任せられない
  • コード・ピンク創設者メディア・ベンジャミン 米国の海外干渉に抗議した後 逮捕すると脅される

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論