報道の自由の闘い:CIA内部告発事件をめぐりジェームス・ライゼン記者に出頭命令 

ここ数十年でもっとも重大な報道の自由をめぐる事件に関し、米国政府はニューヨーク・タイムス紙の記者ジェームス・ライゼンに対し限定的な証言を求める方針を固めました。ライズンは16日、機密情報漏洩の容疑で起訴された元CIA職員の裁判に向け来月前半に予定されている予審尋問会に参加するよう出頭命令を受けました。しかしライズンは、CIAが失敗したイランの核開発妨害工作を明らかにした機密情報の漏洩容疑で起訴されているジェフリー・スターリングの裁判では証言しないと誓っています。証言を拒めば、ライズンは投獄されるかもしれません。検察当局はライズンにスターリングが情報源ではないかは質問しないと言っていますが、それ以外の何を聞かれるのかは明らかではありません。EmptyWheel.netの調査報道ブロガーで、ExposeFacts.orgの寄稿者であるマーシー・ウィーラーに話を聞きます。

最近のニュース

2020/5/29(金)

  • 「あれは殺人だ」ミネアポリスは警官によるジョージ・フロイド殺害の起訴を要求し警察への資金打ち切りを求める
  • ラテンアメリカにパンデミックの中心地が移動するにつれてCOVID-19を口実にした警察による弾圧も移動
  • ソーシャルメディアを弱める大統領令にツイッター社はトランプ大統領のツイートに暴力賛美だと警告

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼

2020/5/27(水)

  • ジョージ・フロイドからクリス・クーパーまで:イブラム・X・ケンディが語る、米国の黒人が直面する「人種差別テロ」
  • 感染の人種別データの追跡:イブラム・X・.ケンディ、データの向上により明らかにされる新型コロナウイルス感染の実像
  • 「おぞましき怠慢」:移民税関捜査局の拘留中にCOVID-19感染者が死亡 収容移民の大量解放を求める声が高まる

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること

2020/5/25(月)

  • ノーム・チョムスキーに聞く 破滅的なトランプの新型コロナ対応、WHO、中国、ガザ、グローバル資本主義