潰された虫けらじゃない  パキスタンの子どもの巨大写真で米無人機操縦士に立ち向かうアーティスト

無人機攻撃への反対運動の一環として、数名のアーティストと村民が、パキスタンの平原に広がる、小さな子どもの顔を描いた巨大なバナーを公開しました。企画者によれば、この女の子は両親と幼い兄弟を、米の無人機攻撃により亡くしました。この女の子の写真は、衛星写真でも確認可能なほどの大きさがあります。「潰れた虫けらじゃない」(Not a Bug Splat)キャンペーンは、パキスタン人と米国人および、JRというフランスのストリート・アーティストが協力して実現しました。プロジェクト名の由来は、空爆による破壊のコンピュータ・シミュレーションを作成する軍のソフトウェアです。シュミレーションの結果がウィンドシールドに貼りついた潰れた虫の死骸のように見えるそうです。でもこれからは、無人機操縦士は自分を見つめる少女の顔を目にすることになります。同プロジェクトの共同創設者で医者のアカシュ・ゴエルに話を聞きます。

☆このニュースは「 学生字幕コンテスト2015」の課題に挙がっています。記事の表題をクリックすると英語版に飛べます。

最近のニュース

2019/3/21(木)

  • 米国のソマリアでの秘密空爆:民間人犠牲者を出した米国に戦争犯罪の可能性とアムネスティ
  • ハイチで続く反政府デモ:米国人傭兵の役割について新たな詳細が明らかに
  • クシュナーInc.:ジャレッドとイバンカの強欲と野心が米国の外交政策を危険にさらしているとビッキー・ワード

2019/3/20(水)

  • トランプとボルソナロ ベネズエラの政権交代を後押し「フェイクニュース」という言葉を使ったメディア攻撃で意気投合
  • 拷問マシン:フレッド・ハンプトンから今日にいたるシカゴ警察の残虐行為をフリント・テイラーが語る
  • シカゴ警察の暴力のルーツ:警官たちは何十年も 非白人コミュニティを攻撃対象にしてきた

2019/3/19(火)

  • 「彼らは私たち」亡命者と移民を含む50人のモスク銃撃事件犠牲者を悼むニュージーランド
  • アメリカ自由人権協会:米国は戦争犯罪を捜査する国際刑事裁判所当局者の入国を禁止することで独裁政権のようにふるまっている
  • 軍産複合体 737マックス8型航空機の捜査で注目されるトランプとボーイング社との関係

2019/3/18(月)

  • オーストラリアは1996年の銃乱射事件で銃規制を強化 ニュージーランドも同じ措置を検討
  • 「右翼テロを助長するのは国家が後押しするイスラム恐怖とトランプの反移民レトリック」
  • 元ネオナチ活動家 「トランプ大統領は白人至上主義の脅威の増大に加担している」
  • 世界中で140万人の生徒が授業をボイコット 気候変動対策を求める

2019/3/15(金)

  • イスラムヘイト犯罪が世界中で急増 ニュージーランドで白人至上主義者が礼拝中のムスリム49人を殺害
  • アナンド・ギリダラダス:大学贈収賄スキャンダルが浮き彫りにした富と権力がものを言うアメリカ
  • 一致する骨髄提供者を探すジャーナリストの奮闘が全国ドナー登録リストの大きな不均衡を発見