潰された虫けらじゃない  パキスタンの子どもの巨大写真で米無人機操縦士に立ち向かうアーティスト

無人機攻撃への反対運動の一環として、数名のアーティストと村民が、パキスタンの平原に広がる、小さな子どもの顔を描いた巨大なバナーを公開しました。企画者によれば、この女の子は両親と幼い兄弟を、米の無人機攻撃により亡くしました。この女の子の写真は、衛星写真でも確認可能なほどの大きさがあります。「潰れた虫けらじゃない」(Not a Bug Splat)キャンペーンは、パキスタン人と米国人および、JRというフランスのストリート・アーティストが協力して実現しました。プロジェクト名の由来は、空爆による破壊のコンピュータ・シミュレーションを作成する軍のソフトウェアです。シュミレーションの結果がウィンドシールドに貼りついた潰れた虫の死骸のように見えるそうです。でもこれからは、無人機操縦士は自分を見つめる少女の顔を目にすることになります。同プロジェクトの共同創設者で医者のアカシュ・ゴエルに話を聞きます。

☆このニュースは「 学生字幕コンテスト2015」の課題に挙がっています。記事の表題をクリックすると英語版に飛べます。

最近のニュース

2017/11/23(木)

  • イップ・ハーバーグ追悼:「オズの魔法使い」に虹をかけた男

2017/11/22(水)

  • 告発者を「嘘つき」呼ばわりするトランプ大統領 信じてもらえないという女性たちの恐れを助長
  • レベッカ・ソルニット:セクシュアル・ハラスメントを終わらせることは 男らしさの概念を変え女性蔑視文化を突き崩すこと
  • 米連邦通信委員会(FCC) ネット中立性解体の動き 市民の支持とインターネットへの平等なアクセスを守る法を無視
  • 被保護資格を取り消されたハイチ人たち 地震とハリケーン被災後の「混乱の国家」への国外退去に直面

2017/11/21(火)

  • 自宅で妻と娘、兄、甥を殺されたイラク市民 米国の空爆を語る
  • 数え切れない数:米国防総省が認めるよりはるかに多くのイラク市民が米国による空爆で殺されたとニューヨーク・タイムズ紙が報道

2017/11/20(月)

  • ジンバブエのムガベが辞任拒否 意義ある改革は「クーデターでは実現しない」と識者
  • パリ協定よりピッツバーグが大事とトランプ 当のピッツバーグ市長はパリ協定の実施を宣言
  • パリ協定離脱を誓約するトランプに逆らいバージニア州知事が太陽エネルギーや風力への投資推進を主張

2017/11/17(金)

  • 「掘り出すな」:COP23終了 欧州最大の露天掘り炭鉱で活動家たちが抗議
  • COP23は気候・エネルギー・格差の相関性を取り上げない 活動家らが非難 
  • パリ協定の立案者「石炭利用が増えるようでは気候変動と闘えない」
  • トム・ゴールドトゥース:CO2排出権の取引は汚染を許すために空気と森林を民営化する「詐欺」