潰された虫けらじゃない  パキスタンの子どもの巨大写真で米無人機操縦士に立ち向かうアーティスト

無人機攻撃への反対運動の一環として、数名のアーティストと村民が、パキスタンの平原に広がる、小さな子どもの顔を描いた巨大なバナーを公開しました。企画者によれば、この女の子は両親と幼い兄弟を、米の無人機攻撃により亡くしました。この女の子の写真は、衛星写真でも確認可能なほどの大きさがあります。「潰れた虫けらじゃない」(Not a Bug Splat)キャンペーンは、パキスタン人と米国人および、JRというフランスのストリート・アーティストが協力して実現しました。プロジェクト名の由来は、空爆による破壊のコンピュータ・シミュレーションを作成する軍のソフトウェアです。シュミレーションの結果がウィンドシールドに貼りついた潰れた虫の死骸のように見えるそうです。でもこれからは、無人機操縦士は自分を見つめる少女の顔を目にすることになります。同プロジェクトの共同創設者で医者のアカシュ・ゴエルに話を聞きます。

☆このニュースは「 学生字幕コンテスト2015」の課題に挙がっています。記事の表題をクリックすると英語版に飛べます。

最近のニュース

2020/10/16(金)

  • クリステン・クラーク弁護士 バレット最高裁判事の承認を急くごとは投票権や公民権を危険にさらす
  • ロー対ウェイド判決を守る ウェストバージニア州の母親中絶体験を語りバレット判事の最高裁入への反対を熱弁
  • ダークマネーとバレットの指名 巨大汚染企業とアフォーダブルケア法・中絶権・LGBTの権利への全面攻撃のリンク

2020/10/15(木)

  • 「集団免疫」をめぐる討論: 配慮あるアプローチか 数百万人もの死者や重症者を出す愚行か
  • 気候変動の存在について明言を拒否するエイミー・コニー・バレット 米憲法修正第1条は「抗議する権利」も保護していることを忘れる

2020/10/14(水)

  • トランプ大統領が選挙を遅らせたり、平和的に権力を移行することを拒否することはできるか、上院公聴会での質問に、エイミー・コニー・バレットは回答を拒否
  • 中立を守るとエイミー・コニー・バレットは言うが、活動履歴は「過激な保守」だと、ダリア・リトウィック
  • 非民主的な機構の改革が、民主主義にとって安全な最高裁を生む、サムエル・モイン

2020/10/13(火)

  • 「国民に決めさせろ!」 エイミー・コニー・バレットの公聴会での抗議デモが共和党の権力掌握と医療保険制度改革法への攻撃を非難
  • 裁判所の抱え込み:少数派支配を強固にするべく数十年をかけ判事を配置した共和党
  • 不正司法は不正選挙につながる:アリ・バーマンが語るバレットの公聴会と共和党による有権者の抑圧

2020/10/12(月)

  • アイ=ジェン・プー 「トランプのCOVID-19対策の軽視はホワイトハウスの家事労働者を「完全に度外視」
  • 「彼らの気持ちがわかる」 元ホワイトハウス執事の息子 トランプは住居スタッフの健康を危険にさらした
  • 軍事化による弾圧のなか、先住民の土地保護活動家たちがオオダム地区の抵抗運動を推進