FBIはなぜ「ヒューストンを占拠せよ」を監視し、その後抗議活動の指導者らに対する狙撃計画を隠したのか?

情報の 透明性を求める活動家ライアン・シャピロから、2011年の「ヒューストンを占拠せよ」(Occupy Houston)に対する連邦捜査局(FBI)の監視を巡って明らかになりつつある問題点について話を聞きます。問題の焦点は、FBIが占拠せよ運動の指導者らに対する暗殺計画疑惑について何を知っていたか、そしてなぜFBIがこの情報を共有しなかったかということです。この暗殺計画は最初、情報公開法(FOIA)請求を通して「市民の権利保護パートナーシップ基金」(The Partnership for Civil Justice Fund)が入手した大幅に編集された文書によって明らかになりました。この文書には、ある個人が「テキサス州ヒューストンでの抗議者らに対して狙撃攻撃に従事することを計画していた」と記されていました。シャピロがさらなる詳細を求めると、FBIは17ページの関連記録を見つけたと言ってそのうちの5ページを彼に渡しましたが、情報の一部は編集されていました。シャピロは、FBIはFOIAの免責を不適切に行使したとしてFBIを訴えました。連邦区判事のロズマリー・コリヤーは3月第3週、シャピロに同意し、FBIはなぜ記録を公表しなかったか説明する必要があると判決しました。

最近のニュース

2020/7/31(金)

  • 公民権の英雄ジョン・ルイスの葬儀 民主主義のために「命を危険にさらした愛国者」
  • ジェームズ・ローソン牧師:ジョン・ルイスの生涯は米国の暴力とプランテーション資本主義に反対する行動への呼びかけだった
  • バラク・オバマ前大統領:ジョン・ルイスを讃えて米国の投票権法と投票へのアクセスを振り返る

2020/7/30(木)

  • ノーム・チョムスキー:数十年に渡る「新自由主義という疫病」のせいで 米国はOVID-19の感染拡大への準備ができていなかった
  • チョムスキーがキューバにパンデミックへの「国際主義的」な対応と ワクチンが世界各地で手に入ることの必要性を語る
  • チョムスキー:パレスチナのパンデミックへの対応を妨げ 占領下にあるヨルダン川西岸地区を併合すると脅すイスラエルについて語る

2020/7/29(水)

  • ビル・バー司法長官、下院で質問の集中砲火:抗議デモの弾圧、投票抑圧、パンデミック対策の失敗
  • エベネザー・バプテスト教会のウォーノック牧師、ジョン・ルイスの功績となお続く投票権の闘いを語る
  • 公民権運動の闘士バーナード・ラフィエが語る、親友ジョン・ルイス、自由のための乗車運動、貫いた非暴力

2020/7/28(火)

  • 11月までにワクチン? ワクチン治験に参加した科学ジャーナリストが疑う楽観的な米国の予測
  • トランプ政権の60億ドルのワクチン計画は誰が利益を得てどこに透明性があるのか?
  • 記録書類なし:米国国外追放の前に移民の子供たちを秘密裡にハンプトンインホテルに収容

2020/7/27(月)

  • シアトルとポートランドの活動家 連邦と市の取り締まりに抗議し BLM(「黒人の命も大事だ」)運動に集中しよう
  • 「単純にキング牧師と一緒にしないで」 ジョン・ルイスはラディカルな学生運動が育てたとエディ・グロード教授
  • エディ・グロード トランプは「アメリカを再び白人の手に」が狙い 今も生きるジェームズ・ボールドウィンの教訓