20年目のNAFTA: 雇用喪失、過去最大の所得格差、メキシコの大量移についてロリ・ウォラックが語る

米国、メキシコ、カナダの3国間に結ばれた北米自由貿易協定(NAFTA)が1994年1月1日に施行されてから今週で20年になります。この大型貿易協定に署名して成立させたビル・クリントン大統領は、これによって賃金は上昇、雇用も増加、更には健康や環境への安全基準も改善するという素晴らしい約束を掲げていました。ところが実際は、企業が低賃金のメキシコ労働者を求めたため、米国の雇用は何百万も減少しました。一方メキシコではNAFTAにより貧困に拍車がかかり、何百万人ものメキシコ人が仕事を求めて米国に移住を強いられました。パブリック・シチズンのグローバル・トレード・ウォッチ責任者でNAFTA at 20(『20年目のNAFTA』)の著者ロリ・ウォラックに話を伺います。

最近のニュース

2020/7/31(金)

  • 公民権の英雄ジョン・ルイスの葬儀 民主主義のために「命を危険にさらした愛国者」
  • ジェームズ・ローソン牧師:ジョン・ルイスの生涯は米国の暴力とプランテーション資本主義に反対する行動への呼びかけだった
  • バラク・オバマ前大統領:ジョン・ルイスを讃えて米国の投票権法と投票へのアクセスを振り返る

2020/7/30(木)

  • ノーム・チョムスキー:数十年に渡る「新自由主義という疫病」のせいで 米国はOVID-19の感染拡大への準備ができていなかった
  • チョムスキーがキューバにパンデミックへの「国際主義的」な対応と ワクチンが世界各地で手に入ることの必要性を語る
  • チョムスキー:パレスチナのパンデミックへの対応を妨げ 占領下にあるヨルダン川西岸地区を併合すると脅すイスラエルについて語る

2020/7/29(水)

  • ビル・バー司法長官、下院で質問の集中砲火:抗議デモの弾圧、投票抑圧、パンデミック対策の失敗
  • エベネザー・バプテスト教会のウォーノック牧師、ジョン・ルイスの功績となお続く投票権の闘いを語る
  • 公民権運動の闘士バーナード・ラフィエが語る、親友ジョン・ルイス、自由のための乗車運動、貫いた非暴力

2020/7/28(火)

  • 11月までにワクチン? ワクチン治験に参加した科学ジャーナリストが疑う楽観的な米国の予測
  • トランプ政権の60億ドルのワクチン計画は誰が利益を得てどこに透明性があるのか?
  • 記録書類なし:米国国外追放の前に移民の子供たちを秘密裡にハンプトンインホテルに収容

2020/7/27(月)

  • シアトルとポートランドの活動家 連邦と市の取り締まりに抗議し BLM(「黒人の命も大事だ」)運動に集中しよう
  • 「単純にキング牧師と一緒にしないで」 ジョン・ルイスはラディカルな学生運動が育てたとエディ・グロード教授
  • エディ・グロード トランプは「アメリカを再び白人の手に」が狙い 今も生きるジェームズ・ボールドウィンの教訓