ミシェル・アレグサンダー: 「ジマーマンの考え方」は貧困、服役、殺人歴のある若い黒人の命を脅かす

「トレイボンに正義を」の抗議デモは、今週末100都市以上で行われる予定です。活動家らは連邦政府によるジョージ・ジマーマンの告訴とフロリダ州とその他多くの州で施行されている「スタンド・ユア・グラウンド(正当防衛)」法の撤回を求めています。本日はオハイオ州立大学の法学部教授でベストセラーのThe New Jim Crow: Mass Incarceration in the Age of Colorblindness(『新たな黒人差別:大量投獄に見る隠された人種差別』)の著者、ミシェル・アレグサンダーに話をききます。アレグサンダーは、マーティンの死を引き起こし、犯人が無罪になった偏見は米社会と米国の刑事司法制度そのものに深く根付いていると言います。「黒人の男性や少年を絶え間ない問題だとしていたジマーマンの思考は、米国の刑事司法制度、学校、そして政治をむしばみ、それがこのような悲惨な結果を生み、世界でも類を見ない刑務所制度を生み出し、犯罪者や重罪犯罪者の烙印を押されたことのある何百万人もの国民から基本的な公民権と人権を剥ぎ取る結果となっているのです。この考え方こそが、人種と階級で人を決めつけ、その人たちには最小限の配慮と懸念さえも与える価値がなく、残酷に取り扱われても無罪放免になる、という風習を生み出しているのです」

最近のニュース

2020/10/16(金)

  • クリステン・クラーク弁護士 バレット最高裁判事の承認を急くごとは投票権や公民権を危険にさらす
  • ロー対ウェイド判決を守る ウェストバージニア州の母親中絶体験を語りバレット判事の最高裁入への反対を熱弁
  • ダークマネーとバレットの指名 巨大汚染企業とアフォーダブルケア法・中絶権・LGBTの権利への全面攻撃のリンク

2020/10/15(木)

  • 「集団免疫」をめぐる討論: 配慮あるアプローチか 数百万人もの死者や重症者を出す愚行か
  • 気候変動の存在について明言を拒否するエイミー・コニー・バレット 米憲法修正第1条は「抗議する権利」も保護していることを忘れる

2020/10/14(水)

  • トランプ大統領が選挙を遅らせたり、平和的に権力を移行することを拒否することはできるか、上院公聴会での質問に、エイミー・コニー・バレットは回答を拒否
  • 中立を守るとエイミー・コニー・バレットは言うが、活動履歴は「過激な保守」だと、ダリア・リトウィック
  • 非民主的な機構の改革が、民主主義にとって安全な最高裁を生む、サムエル・モイン

2020/10/13(火)

  • 「国民に決めさせろ!」 エイミー・コニー・バレットの公聴会での抗議デモが共和党の権力掌握と医療保険制度改革法への攻撃を非難
  • 裁判所の抱え込み:少数派支配を強固にするべく数十年をかけ判事を配置した共和党
  • 不正司法は不正選挙につながる:アリ・バーマンが語るバレットの公聴会と共和党による有権者の抑圧

2020/10/12(月)

  • アイ=ジェン・プー 「トランプのCOVID-19対策の軽視はホワイトハウスの家事労働者を「完全に度外視」
  • 「彼らの気持ちがわかる」 元ホワイトハウス執事の息子 トランプは住居スタッフの健康を危険にさらした
  • 軍事化による弾圧のなか、先住民の土地保護活動家たちがオオダム地区の抵抗運動を推進