オバマが無人機戦争を拡大する一方 民間人犠牲者の増加をめぐり活動家や遺族代表がワシントンでサミット

パキスタンの弁護士シャハザード・アクバルは米軍の無人機爆撃で殺された民間人遺族の代理人で、米国への入国を国務省にずっと阻まれてきましたが、今週やっとビザが降りました。アクバル弁護士は「無人機サミット:遠隔操作による殺人とスパイ行為」という会議に出席するため、ワシントンDCに到着したばかりです。このサミットは、死傷者を出す無人機攻撃の回数がオバマ政権下で増加していることに注意を喚起しようと、人権団体が集まって開催するものです。オバマ大統領は、米国の無人機爆撃は現役テロリストのリストにある人間たちに的を絞ったものであり、それによって多数の民間人犠牲者が出ているわけではない、と言います。これに対しアクバルは、「オバマが国民に嘘をついているか、あるいはほんとに世間知らずでCIAが(彼に)提出する報告を鵜呑みにしているかのどちらかです」と言います。このサミットは米国がイエメン国内で無人機爆撃を急激に拡大する状況の中で開かれます。相手が何者か確認せずとも特徴的なパターンを識別すれば爆撃できるという、いわゆる「識別特性」(signature)爆撃の方針が今月になって発効しました。

週末に開催される無人機サミットの主催者の一人で、平和活動グループ「コードピンク」共同設立者のメディア・ベンジャミンにも話を聞きます。「ジョージ・W・ブッシュが行った特例拘置引渡し(米国が外国で捕まえたテロ容疑者を第三国の収容施設に送る超法規的措置)やグアンタナモ収容所や容疑者の無期限勾留措置には反対の声をあげた人の多くが、オバマ政権に対しては黙っています。たしかにオバマはそうした措置を取りませんが、その代わり単に容疑者を爆撃して殺してしまうだけなのです」とベンジャミンは言います。「ですからみんなに声を挙げさせたいのです。この政策は厳しく管理されているとオバマが言ったら、それは事実ではない、嘘っぱちだと、みんながいわなくちゃ」

最近のニュース

2020/8/7(金)

  • 「世界一危険な男」 メアリー・トランプ 叔父のトランプを政権から追うべき理由を語る

2020/8/6(木)

  • 「人類の終焉の始まり」:広島の原爆投下から75年 被爆生存者による核兵器への警告
  • 米国政府とハリウッドが秘密裏に協力し 日本への爆撃をいかに正当化したかを明らかにする

2020/8/5(水)

  • 「絶望と破壊」ベイルートの医師 港湾地区での大爆発後の 惨状を語る
  • ジャーナリストのラミ・コウリ 「ベイルートの爆発は長年のレバノン政府の無能と腐敗への追い打ち」
  • 巨大ハイテク企業の終焉? 「犯罪者並みの」態度と権力独占にフェイスブック、アマゾン解体の声が高まる

2020/8/4(火)

  • 公衆衛生対政治:民主党優勢の州に痛手を負わせるため米政府が全米共通のCOVID-19検査計画を打ち切り
  • 「彼らを全員釈放せよ」:移送と国外退去によってCOVID感染拡大 移民の収監停止を求める声高まる
  • 「基本的に死刑宣告」:移民・関税執行局留置所で感染急増 ハンスト囚人が釈放要求
  • 武装した国境警備隊の戦術部隊 米国境の医療キャンプを急襲し荒らしまわり30人の移民を逮捕

2020/8/3(月)

  • トランプがバイデンの勝利を拒否したら? 大統領選挙の混乱が米国を分裂させるシミュレーション
  • 投票権活動家のラ・トーシャ・ブラウン 「トランプは再選のためなら民主主義を骨抜きにする気満々」
  • 「モロッコ当局は証拠を持っていない」:モロッコ人ジャーナリストのオマール・ラディは政府を批判した後、政府に監視され拘束された