国境での死:メキシコ人移民が国境警備隊員らに殴られテーザー銃で撃たれた衝撃映像

PBSの新しいドキュメンタリーが、 カリフォルニア州で米国境警備隊員らがメキシコ人移民にテーザー銃を発射し殴って死亡させたことを明らかにし、不処罰の文化と批判されている状況が見直されています。2010年5月、32歳のアナスタシオ・ヘルナンデス=ロハスは、サンディエゴ付近でメキシコから米国に入国しようとして拘束されました。彼はそれ以前に25年間米国に住んでおり、米国生まれの5人の子供の父親でした。しかし、ヘルナンデス=ロハスの拘束は、国外退去ではなく、彼の死という結果に終わりました。多くの国境警備隊員が彼を殴った後、隊員の一人が彼に少なくとも5回テーザー銃を発射したことが目撃されています。その直後に彼は死亡しました。隊員らは、ヘルナンデス=ロハスが敵意を見せ、逮捕に抵抗したので、応戦したと言っています。しかし、目撃者らが携帯電話で録画した、すでに公開された映像には、別の状況が映っています。「我々が話した目撃者は全員、基本的に同じことを言っています。手足を縛られ後ろ手に手錠をかけられた男は抵抗することなく、死亡するまでの約30分の間、警棒や足や拳で繰り返し殴られ、テーザー銃で撃たれたというのです」と、ジョン・カルロス・フレイ記者は言います。彼の取材は、PBSの番組「ニード・トゥ・ノウ」(Need to Know)と「ネイション・インスティチュート調査基金」(Investigative Fund of the Nation Institute)の共同調査の一環として4月20日に全米ネットの特別番組の中で放送されました。ヘルナンデス=ロハスの未亡人マリア・プガからも、通訳を通して話を聞きます。「私たちはただ正義を求めています。そしてその正義を得るためには、皆さんの助けが必要なのです。」

最近のニュース

2020/8/7(金)

  • 「世界一危険な男」 メアリー・トランプ 叔父のトランプを政権から追うべき理由を語る

2020/8/6(木)

  • 「人類の終焉の始まり」:広島の原爆投下から75年 被爆生存者による核兵器への警告
  • 米国政府とハリウッドが秘密裏に協力し 日本への爆撃をいかに正当化したかを明らかにする

2020/8/5(水)

  • 「絶望と破壊」ベイルートの医師 港湾地区での大爆発後の 惨状を語る
  • ジャーナリストのラミ・コウリ 「ベイルートの爆発は長年のレバノン政府の無能と腐敗への追い打ち」
  • 巨大ハイテク企業の終焉? 「犯罪者並みの」態度と権力独占にフェイスブック、アマゾン解体の声が高まる

2020/8/4(火)

  • 公衆衛生対政治:民主党優勢の州に痛手を負わせるため米政府が全米共通のCOVID-19検査計画を打ち切り
  • 「彼らを全員釈放せよ」:移送と国外退去によってCOVID感染拡大 移民の収監停止を求める声高まる
  • 「基本的に死刑宣告」:移民・関税執行局留置所で感染急増 ハンスト囚人が釈放要求
  • 武装した国境警備隊の戦術部隊 米国境の医療キャンプを急襲し荒らしまわり30人の移民を逮捕

2020/8/3(月)

  • トランプがバイデンの勝利を拒否したら? 大統領選挙の混乱が米国を分裂させるシミュレーション
  • 投票権活動家のラ・トーシャ・ブラウン 「トランプは再選のためなら民主主義を骨抜きにする気満々」
  • 「モロッコ当局は証拠を持っていない」:モロッコ人ジャーナリストのオマール・ラディは政府を批判した後、政府に監視され拘束された